FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

願わくば 満開の下 花観たし @東京

2016_0330花見1603300009

3月30日(水) 今春は桜の満開は早まりそうだったがちょっと足踏み。東京は、まだ5分咲きくらいか。東京で眼鏡のセミナーがあるので昨年入れなかった新宿御苑と上野公園に花見へ。

2016_0330花見1603300005

新宿御苑は、入場の際酒類を持ち込まないように荷物検査があった。酒とは完全に縁が切れているので難なくパス。健全な花見を楽しめる新宿御苑良いじゃないかと思うが、桜は7分咲き位か。初めて来たが、都会にこの空間なかなか良い。のんびりはできなかったが、千駄ヶ谷門から入り一周し花見を満喫した。

2016_0330花見1603300013


秋葉原で、セミナーを聴いて鴬谷から上野公園迄歩いてこちらでも花見を満喫。こちらはほぼ満開に近い。新宿も上野もかなりの人が花見に来ており、外国人がかなり目立った。上野は、まだ日が暮れないのに酒宴を開いているところがかなりあった。桜の花が、ぱっと咲き、春の到来を実感しうきうきし酒を飲んで騒ぐ気も分からないことはないが・・・。

2016_0330花見1603300014

やはり山の中、静かに山桜を愛で春の到来を喜びたい。







花はまだ のんびり気楽 吾妻路 @小野上温泉

小野上温泉 003

3月23日(水)桜が咲き始めたようだが、まだ見頃ではない。列車の中で本を読み、のんびりサウナと温泉に浸かりに吾妻へ。

小野上温泉 002

駅の前にあり、サウナに本物の温泉で410円は、かなりリーズナブル。温泉は、ph8.9のアルカリNa塩化物泉。湯は、ぬるぬるしており肌がつるつるになる美人の湯。露天風呂の吾妻の新鮮な空気も気持ち良い。サウナにもたっぷり入り、リフレッシュした。

小野上温泉 001


ウスカルフレーム新作「シグリエ」登場。

シグリエ 009

女性向けの金属製ウスカルフレーム「シグリエ」が発売されました。レンズの耳側に隙間のある純チタンのメタルフレームでサイズが、38から42の可変タイプのフレームです。レンズの上下幅も29mmあるので、広い視界を確保でき遠近両用や中近レンズにも対応できます。

シグリエ 011


つるには、切り込みが入っており、より一層お洒落な雰囲気を醸し出しております。

シグリエ 013

ウスカルフレーム「シグリエ」(←詳細はクリックして下さい)


金沢区~金沢市 by青春切符

近江塩津駅
3月16日・17日連休に金沢へ。朝7時半金沢文庫出発の新杉田経由鈍行の移動。東海道米原までは、順調に移動できひたすら本を読む。北陸本線からは、ボケっと車窓を眺め歴史に思いを馳せる。秀吉ゆかりの長浜で降りしばし休憩。

長浜城   敦賀

近江塩津と敦賀で連絡の列車を待つこと一時間半。20時35分やっと金沢に着く。久しぶりに長時間列車に乗った。石引温泉で疲れを流し翌朝6:17金沢発の列車に乗りとんぼ返り。途中浜松で昼食の休憩をとり関内に19:30着。開港記念会館で20時から眼鏡のセミナーを聴き、帰宅は23:00過ぎに。インドや中国の鉄道移動に較べれば日本の鈍行は極楽だけどやはり疲れた。



3月16日・17日連休のお知らせ

毎週水曜日と第三木曜日定休です。3月16日(水)・17(木)連休ですので、3月18日(金)以降のお問い合わせ、ご来店をお願いいたします。



天気悪し読書と風呂で気分転換@興津

img015_201603121848189b2.jpg

3月9日(水)雨模様なので列車の中で読書を愉しみ、20種類の風呂のある健康ランドに。送迎バスに間に合わなかったので、大雨の中10分ちょっと歩いて駿河太古の湯のあるK&H健康ランドに行き2時間あまり風呂三昧しリフレッシュ。平日の昼間なのに結構お客さんで賑わっている。風呂好きな人が多いこともあるが、やはり魅力ある店ゆえの賑わいだろう。列車で往復4時間くらい読書三昧で頭もすっきりリフレッシュできた。K&Hも信州、石和、駿河と取りあえず行くことができた。


恒例の春の展示会

img014_2016030516523423c.jpg

3月2日(水)恒例の卸し屋さんの春の展示会。日暮里駅から20分くらいスマホのナビを頼りに歩いて行く。ナビを使うと容易に目的地に辿り着けるが、町の風情が今一つ把握できない。やはり、地図を頭に入れて街を歩くほうが良い。

展示会の後、風呂屋で寛ぐ。サウナにトータル30分入ったが、体重の減少は、余りなかったようだ。




 | ホーム |  page top