FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

丸メガネ研究会新作「デシボン」入荷しました

2014_0919デシボン0003
丸メガネ研究会新作セルフレーム「デシボン」入荷致しました。

2014_0919デシボン0004

レンズサイズがやや大きめの44mm鼻幅は、22mmです。形状は、オーソドックスでブリッジ部分が、キーホール(鍵穴)という形状に削られた古典的なアメリカンスタイルです。

2014_0919デシボン0002

上からブラック・クリアカーキブラウン・ブラウンササ柄の3色入荷致しました。




秋の風 心地よきかな 草津の湯

2014_0918草津0008

9月17日(水)・18日(木)連休。涼しくなったら、やっぱ草津の湯。草津15℃。木々も色づいて、草津は、もう秋だ。
湯釜詣では、6月より行けないので、今回も消毒殺菌の湯三昧、そして読書三昧だ。

2014_0918草津0005

空気が美味いし、景色も良い。凛とした気の中、熱き風呂、こればっかりは、草津に来ないと味わえない。やっぱ吾妻は良い、草津は最高だ!

2014_0918草津0009

翌日11℃。寒い。最後に日帰りでよく来ていた外湯の躑躅の湯に浸かる。今回は、PH1.46~2.0の強酸性の湯に3分3セットを9回入った。肌がつるつるになった(気がする)。

2014_0918草津0007

横浜に夕6時過ぎ着く。神奈川県眼鏡協会の会合が7時半から横浜であるのでそれまで徘徊する。横浜は、とにかく人が多い。この人混み、まったく慣れない。






夏終わる 餃子を食べに うつのみや

2014_0910宇都宮0004

9月10日(水) ときめく場所が思い浮かばない。読書もしたいし、青春きっぷが残っているので三度目になるが、宇都宮餃子を食べに行く。
餃子への思い入れは強い。美味い餃子が食べたい!サニーマートのサニー飯店の餃子は、とても美味く感動的であり、それを超える餃子にはいまだ出会えていない。中国滞在中、大学近くの店によく食べに行き、又中国の家庭によく餃子パーティに招かれ、皮から皆で拵えた。日本でも数回は、餃子パーティを開き美味い餃子を探求した時期もあった。

2014_0910宇都宮0001

過去、二回ほど、宇都宮で降りて、駅近の有名店のみんみんで食したことがある。今回は、宇都宮餃子の神髄を極めるべくディープにかつ新たな出会いを求めて、下毛野国一宮二荒山神社の前の「来らっせ」に。

2014_0910宇都宮0003

名店5店(宇都宮ねぎにら・龍門・味一番・中国飯店・幸楽)の餃子盛り合わせ、人気のB盛りを食す。

美味しくて各店のこだわりを感じられる。さらに進化して、町おこしで盛り上げてほしい。

2014_0910宇都宮0002

帰りに、二荒山神社をお参りする。一の宮が、栃木訛りでうつのみやになったそうな。温泉に行くのも面倒になり、宇都宮から湘南新宿ラインで一気に大船まで帰る。冷房の効いた車内は、読書には最適だ。良い気分転換ができました。




究極のウスカルフレーム新作「ドメニア」入荷しました。

2014_0905ドメニア0006

最新作のウスカルフレーム「ドメニア」入荷しました。サイズは、36□24と36□26の2サイズです。
レンズの横幅が、ウスカルフレーム最小の36mm究極サイズです。

このフレームでメガネを作成した場合、瞳孔間距離が、60mm或いは62mmの方は、近視の度数が-10.00Dですと
プラスチック屈折率1.76非球面レンズで耳側のレンズの厚みは、3.1mm
ガラス屈折率1.9非球面レンズで耳側のレンズの厚みは、2.6mm

驚異的・感動的な薄さになります。

レンズの横幅は36mmで小さいですが、横の部分が張り出していますので、あまり小ささを感じさせないお洒落なデザインです。総横幅は36□24で133mm、36□26で135mmあり、掛けてもゆったり余裕のある感じです。

2014_0905ドメニア0007

素材は、チタンで型抜き枠なので軽くて頑丈な日本製の高品質メガネフレームです。カラーは、各サイズ4色展開で、当店では、全サイズ全色入荷致しました。

2014_0905ドメニア0003

ウスカル「ドメニア」(←詳細はクリック)






緑濃し 秋の風吹く 名瀑か@袋田

2014_0903袋田の滝0007

9月3日(水) 天気が良さそうなので出掛ける。5時19分の列車にのり、袋田を目指す。

2014_0903袋田の滝0001

小説が面白かったので、途中退屈せずに9時2分水戸に着く。水郡線に乗る。列車はディーゼルの汽車で、久慈川沿いのかなり緑がうっそうとしている山深い路線を走り、10時31分袋田駅に着く。

2014_0903袋田の滝0002

目指すは、日本三名瀑の一つ「袋田の滝」

2014_0903袋田の滝0014

高さ120m幅73m 4段に落下する滝、西行法師が四季毎に来ないと真の風趣は味わえないと絶賛したことから別名四度の滝ともよばれているそうな。
今でも相当山深い所にあるのに平安時代に西行法師が来て、どこからこの滝を鑑賞したのだろうか。

「花もみち よこたてにして山姫の 錦織出す 袋田の滝」 西行

2014_0903袋田の滝0028

帰りのバスの時間まで相当時間があったので、長い階段を上り生瀬の滝も鑑賞する。

2014_0903袋田の滝0004

気温21度、緑の風が心地よい。今年の夏もおしまいか。バスを待つ間、ぼけっと緑を観賞しながら、ランドスケープミュージックを聴き悦に入る。こういうシチュエーションなら美酒が美味いが、酒は無し。

2014_0903袋田の滝0036   2014_0903袋田の滝0037

帰りの水郡線も待ち時間が30分以上。駅の回りは酒屋が一軒営業しているのみ。観光客の為バスのダイヤも考えたほうが良いだろう。

やっぱ日本は良い。





 | ホーム |  page top