FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

丸メガネで跳ね上げ式の「エンボルグ」登場

2014_0422エンボルグ0001

研究会オリジナルメガネフレーム「エンボルグ」が入荷しました。一山ブリッジのクラシカルなデザインの跳ね上げ式丸メガネフレームです。

2014_0422エンボルグ0002

サイズは42mm鼻幅は26mmやや大きめのサイズです。跳ね上げ部分のネジの部分は、正面から見てあまり目立たないよう設計されております。

素材は、ALL TITAN で軽くて丈夫です。カラーは、マットチタングレー・マットブラウン・ナチュラルブラックの3色展開です。

2014_0422エンボルグ0003

純国産の高品質なメガネフレームです。




春の色 満開抜けて 癒しの湯 @草津

2014_0417草津1404160002

4月16日(水)・17日(木)天気良く、横浜辺りは、初夏のよう。渋川辺りまでは、桜も散ってしまっていたが、吾妻川流域、小野上~長野原辺りまでは桜が満開で春爛漫。草津に向かう山道に入ると桜はまだ蕾で、草津までの道程、初夏から春爛漫そして初春へのタイムスリップを愉しめた。

2014_0417草津1404160011   2014_0417草津1404160007
                            真田氏ゆかりの岩櫃山

初春の草津は、天気良く温度は16度。道路はまだ閉鎖中で白根山も行けないし、癒しの湯三昧に。湯畑・西の河原そして万代鉱源泉で湯三昧し殺菌かつ疲れを取り除く。3分3セットを5回入浴した。湯畑のまわりも結構変わった。湯~ぱちが無くなり、うどん屋になっていたり、屋台村ができていたり。

2014_0417草津1404160008
薫風が心地よい。


帰り羽生SAに寄る。何とSAが、「鬼平江戸処」と言う江戸のテーマパークだ。ここ羽生が江戸の入り口栗橋関所に近いということらしいが・・・。
店内は、江戸風(?)らしいが、暗いし、買いたいものも見当たらない。最近、テーマパーク風のSAも多いと聞くが、どうなんだろう?コンビニでもあったほうが有難いと思うが。何年か先もブレずに続いていればよいが。

2014_0417草津1404160012   2014_0417草津1404160014
メガネ店もハワイアン風、中華風なんてのもあったが、いつのまにか無くなりましたな。

2014_0417草津1404160010

今春は、花見を堪能できたようです。





ウスカルフレーム新作「リプラム」登場

2014_0415リプラム0003

強度レンズを驚異的に薄く・軽くするウスカルフレームの新作「リプラム」ができました。サイズは、36mm~40mm□28のフレームに隙間がある大きさ可変なメガネフレームで、目と目の距離が64mm~68mm位の方に最適なやや大きめのウスカルフレームです。
フレームの天地幅は、28.5mmありますので、上下の視野も広く、遠近両用レンズや中近レンズにも十分対応できます。純日本製のチタン材の抜き枠ですので、軽くて頑丈です。

2014_0415リプラム0006

フレームの形状は、ややスクゥエアな角ばった感じで、シャープかつスマートな感じを醸し出すことができるのではないでしょうか。
フレームのフロントとつるの色も違うツートーンでツルの形状も個性的なデザインになっており、お洒落度も高いウスカルフレームです。

2014_0415リプラム0004

ウスカル「リプラム」(←詳細はクリック)

メガネ掛けたいんだけど、分厚い、渦が目立つ、メガネが重い、顔の輪郭が変形して見えるので、余計目が小さく見えカッコ悪い等で悩んでおられる方、是非とも驚異的に薄く・軽くなるウスカルメガネで驚きの感動を体験して見てください。




春は花 満開の下 酒飲まん @北杜市実相寺

2014_0409吉高神代桜1404090021

4月9日(水)天気良く暖かい。この時節やはり花見だ。三大桜之一の吉高神代桜が満開なようなので出掛ける。中央線は、勝沼ぶどうの丘に行って以来4年振り。沿線は、桜が満開で春の到来を実感できる。天気良く車窓から富士山も見ることもできた。

2014_0409吉高神代桜1404090002   2014_0409吉高神代桜1404090003
勝沼ぶどうの郷駅の桜                    富士山が見える

10時50分日野春駅に着く。今年は、周遊バスが、運航していないので駅から5キロほど時間で約70分歩いていくことに。駅から10分弱坂を下ると眼前が開ける。眼下の釜無川を超え、町を抜けはるか向こうのあの丘あたりか。かなり遠そうである。帰りに再びこの坂を上がるのは勘弁だなと思ったが。

2014_0409吉高神代桜1404090004   2014_0409吉高神代桜1404090043

南アルプスの雄大な山並みを眺めながら歩き続け、昼過ぎ辿り着く。

2014_0409吉高神代桜1404090005   2014_0409吉高神代桜1404090008

天気良く桜の名所故、人出は多い。桜以外に水仙なども咲いている。

2014_0409吉高神代桜1404090014   2014_0409吉高神代桜1404090016

樹齢2000年神代からのエドヒガンが満開だ。樹勢もかなり衰えてしまったようだが、近年やや回復しつつあるとか。

2014_0409吉高神代桜1404090026   2014_0409吉高神代桜1404090034

青空に南アルプスの山々を眺め清涼の気を肴に、満開の桜の下、持参の赤ワインを味わう。ほんの200ml程度であったが、空き腹と久方振りのアルコールなので結構酔っぱらてしまった。

2014_0409吉高神代桜1404090036   2014_0409吉高神代桜1404090037

千鳥足で来た道を戻る。途中温泉施設もあったが、さっぱり汗を流してスッキリしてもあの坂道を再び登るのでは、意味ないので止めた。希望の韮崎行のバスの連絡も悪く(1時間半後)、再び坂道を登り日野春駅へ向かうことに。

2014_0409吉高神代桜1404090040   2014_0409吉高神代桜1404090041
                              駅はあの山の向こう

酔いも覚めていないので日野春駅までの帰り道は、かなり辛かった。空腹もひびいて、帰りの電車の中で、気分が悪くなり、やっぱ酒はダメだと改めて痛感した。




見上げれば 桜花びら 春景色

2014_0402桜1404020001

4月2日(水)毎朝眺めている山が色づき始めた。ソメイヨシノも悪くはないが、凛とした山桜がよい。花見に、金沢自然公園を抜け大丸山を目指す。途中、桜が満開できれいなところもあったが、山の中や頂は、まだ蕾でちょっぴり残念。来週はもう散ってしまっているだろう。

2014_0402桜1404020017

2014_0402桜1404020015
大丸山パノラマ

天気良く、暖かく絶好の花見日和なので、桜の名所、小田原城に行く。花見の客で結構賑わっている。桜は、満開で春を感じる。

2014_0402桜1404020032

小田原城には、何回か来ているが、城の中に入るのは、おそらく初めてと思う。城に向かう途中、檻の中に動物がいて、そういえば、小学入学以前小田原の祖母と城址公園に来て動物を見たことがあった記憶が蘇る。

小田原評定の城に入る。城の中は、戦国時代・江戸時代の展示博物資料館になっている。初代、伊勢新九郎(早雲)は、ここに居城せず、北条も名乗ってなかたとか。

展望台から箱根・相模湾・湘南・丹沢の展望が素晴らしい。

2014_0402桜1404020028
小田原城パノラマ





 | ホーム |  page top