FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

鼻に跡がつかない浮きメガネ

メガネを掛けると鼻に鼻あての跡が残るのが気になるという方や鼻にメガネが乗っかっていたり接触しているのが気になる方に朗報です。

メガネのフレームに鼻あてが付いておらず、フィッティングの具合で鼻に接触しないで安定的に掛けられるタイプです。

2013_1005ナーゾ0004 2013_1005ナーゾ0005

普段は、コンタクト装用で家にいるときだけメガネを掛ける方や、手元を見るときだけにメガネを使用する方で鼻あての感触が気になる方にはうってつけですね。

このメガネ、ブリッジの一山部分が浅いので、できるだけレンズを目に近づけて目の大きさを小さくさせたくない方にも有効です。





嵐過ぎ 秋晴れの空 山に雪 @草津

2013_1017草津1310160002

10月16日(水)台風26号最接近の朝、大雨の中紅葉を見に出かける。京急は、台風の為、文庫以南は運休。上りは10分間隔で動いており文庫始発の特急に乗れた。途中、台風の影響で交通網は乱れていたが、14時ごろ草津に着く。風はないが、天気はあまりよくないので、白根山に紅葉を観に行くのは翌日にする。宿から野反湖方面に大きな虹が掛かっていた。幸先が良いかも。とりあえず宿の湯に入り旅の垢を流すが、物足りない。

時間があったので、思い出の宿まで散歩する。

2013_1017草津1310160007

まだ遺る 面影思う 秋の雨

昨年の晩秋11月そしてことしの2月で最後だった。民宿やお土産物屋が何軒か、無くなっていた。

外湯で貰い湯をする。

2013_1017草津1310160011

やはり、外湯は、パワーが違う。これぞ草津!これぞ温泉!と大いに満足する。

明日は、台風一過の好天気。素晴らしい紅葉に出会えるのを楽しみに早目に寝る。

無題

翌朝、窓を開け景色を眺める。天気は良い。彼方の山の頂あたりが、白い。まさか降雪ではと、ちょっと悪い予感。それにしても寒い。草津白根山の頂きに薄手のヤッケだけで大丈夫かと心配になる。

朝食を早めに済ませ白根山遊覧に備えようとバイキングのおかずを取ってるときに、志賀草津道路が降雪のため通行止めの案内が・・・。
台風一過の好天気。空は、雲も少なく青いまさに秋晴れ。浅間山もくっきり見えるのに。まさか、10月に通行止めとは。昨年は、日光に行ったので、吾妻の紅葉は、2年ぶり。コンデジも調子悪かったので、この時の為に新しくしたのに・・・。まっ、こういうこともあるさと思うものの凹んだ。


気を取り直して、最後に外湯でもう一風呂浸かる。やっぱ草津の湯は、良い。

2013_1017草津1310160017






第26回 国際メガネ展 IOFT

2013_1009IOET20130001.jpg

10月9日(水) 国内最大のメガネの展示会へ、情報・商品の仕入れに行く。東京へ行くときは、東京1day切符を利用することが多い。金沢文庫から往復及び都内の都営地下鉄・都バス乗り放題で1470円だ。浜松町から東京ビッグサイトまでの都バスの路線が今年の4月で廃線になったので、月島から都バスに乗り会場をめざす。武蔵野大学前の停留場で降り、先ずは、IOFTから分離した別展示会の「サイト」に行き、2時から併設のレンズセミナーを聴講し、IOFTの会場へ行く。分離し別個で展示する会社が増えたせいで、IOFTの会場は、以前ほど大きくない。2時間余り商品を吟味し、仕入れたりする。途中会場でメガネベストドレッサー受賞の鈴木保奈美・武井咲・森永卓郎・亀田和毅などと遭遇する。

2013_1009IOET20130009.jpg

6時半からパーティ及び授賞式に出席する。パーティの出席は、2回目。今回は、パーティ中に授賞式もあり盛り上がった。食事は、前回のほうが良かったように思う。このパーティは、結構盛大で、無料招待客も少なからずいるであろうし、このパーティのためにも出店料が高くなり分離出展する会社が増えていることにもなっているとも思える。
赤ワインをグラスで4~5杯、ビールも4~5杯でかなり酔っ払い、気分が悪くなった。最近は、全くアルコールと縁が切れているので、この程度でも駄目である。帰りは、バスで勝どきまで行き、大江戸線と京急で帰るが、かなり辛かった。酒は、もう余り飲みたくない。

img080.jpg



2013_1009IOET20130007.jpg  2013_1009IOET20130008.jpg



帯に短し襷に長し Let's DIY

ある日、「リビングにローテーブルを作ろう!」と、思いたつ。

なぜなら・・・
今、ローテーブル代わりに使っているこたつの高さがテレビのリモコン操作の邪魔になるので、もう少し低いものがほしいな、とずーっと思い続けていた。思いが行動に移った瞬間。

こたつの高さは35センチなので、30センチの高さのテーブルを作ろう。

早速木材を購入。1×4の木材で幕板を作り、2×4の木材で、足を作成。天板はパイン集積材。

いい感じで出来上がってきた。天板をのせてくっつける前にちょっと座ってみる。

ああーっ、なんということ!
幕板が膝に当たって、邪魔!!
10秒でこりゃ駄目だ と悟る・・・
どうする?

あっ、ダイニングテーブルを少し小さめにしたいな、と思っていたんだっけ。
そうだ、30センチの足を70センチの足にして、ダイニングテーブルにしてしまえ!
我ながら機転の利くグッドアイデア

早速、2×4の木材を買い足して、ダイニングテーブルに早変わり。
天板をくっつけて終了する前にちょっとダイニングに置いてみる。
ちっちゃ。小っちゃすぎ!
10秒でまた駄目だ と悟る

熟慮に熟慮を重ねてこの結果。やる前に気づかないもんかね。ふぅ

さて、どうするか・・・。
心の動揺を周りに悟られないよう、DIY禁止令が発令されないよう解決策を探る。

そうだ

店の待合スペースのテーブルが低い
あまった低いテーブルには、置ききれなくなったメガネをのせよう
そして、店の待合テーブルに使うことにしよう

定休日、雨の中、車にDIYテーブルを乗せて運ぶ。
運びやすいように天板をくっつけないで、別に持ち込む。

設置。

よし!

天板を付けて終了する前に、色々物をのせてみる。
結構安定感あり・・・と、いうことは???
天板わざわざくっつけないでよくない???

というわけで、幕板に天板をのせただけのものになる。
店で作業しようと思って持ち込んだドリルと木ダボとのこぎりはそのまま持ち帰る。

思いたってから約2週間。長い戦いが終わった・・・。

そして出来上がったテーブルはこちら

DIY 002

DIY 001

ツートンカラーがマイブーム。

なぜ、ブログに書いたかというと、
パンダ曰く、
「お客さんには自分が作った、って言っとけよ!
買って置いた割にはしょぼいからな!
DIYなら、まぁ、いいじゃないか。」

と・・・

確かに、自宅用だったのでねじの始末に木ダボは使わずねじ頭出っ放し。
ペンキを塗ってもバレバレ。

まぁ、いいのさ

 | ホーム |  page top