FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

丸メガネ研究会新作「ドラクマ」入荷しました

2013_0923ドラクマ0008

丸メガネ研究会オリジナル新作ドラクマ入荷しました。
オーソドックスなクラシック調の丸メガネです。その特徴は、細見で丸の大きな(直径44mm)メガネです。
最初に見たとき、いかにもアニメの登場人物が掛けているようなメガネみたいだなという感じをうけました。まさに正統メガネといったところでしょうか。

2013_0923ドラクマ0009

金属は、細見ですが、コバルト合金とサンプラチナなので、軽くて、錆びにくくしかも頑丈な素材を使っています。鼻当ての部分は、こだわりの一山です。

サイズは、44□22 44□26 44□30の3サイズで、目と目の距離が、64mm~74mm位の方に適しています。大きいサイズは、かなり顔の大きい方でも掛けられる丸メガネです。

カラーは、各サイズとも1.アンティークシルバー 2.アンティークブラウン 3.ナチュラルブラックの3色展開です。

2013_0923ドラクマ0006

テンプルは、細く、しなやかな素材感を活かすようなデザインになっています。

2013_0923ドラクマ0007

ドラクマ(←詳細はクリック)




ラウンドタイプの跳ね上げメガネフレーム

ラウンドタイプの跳ね上げメガネの紹介です。
サイズは、46□20 ツルの長さ139mm チタン 日本製 
当店に在庫があるのは、茶色です。

2013_0924ラウンドハネアゲ0001


2013_0924ラウンドハネアゲ0002

他のラウンドタイプの跳ね上げメガネの一部です。

2013_0924ラウンドハネアゲ0004


跳ね上げメガネフレームは、常時70本以上在庫してあります。

2013_0924ラウンドハネアゲ0003

当店に、在庫のあるレンズであれば、1~2時間後にお渡し可能です。
通常のレンズであれば、翌日には、お渡しできます。

ご検討のほど、よろしくお願い致します。



月愛でる 風の気配は 夏去りぬ

130919_222653.jpg

9月18・19連休。草津に行くのを取りやめ寛ぐ。18日は、ホームセンターへ行く。品揃えの多さにびっくり。近くにないのが残念な店だ。途中、最近良く見かける讃岐うどん屋に寄るが、家で食べたほうが美味い。

19日は、中華街に烏龍茶を買いに行き、途中久しぶりに(3~4年ぶりか)紅葉坂の県立図書館に寄り、CDを借りる。

2013_0924夏の夜の夢0001

メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」。シェークスピアの戯曲をモチーフに17歳の時に創作したそうだ。
戯曲の良さは私には、さっぱりわからないが、メンデルスゾーンのこの音楽は良い。あの有名な結婚行進曲もこの劇音楽だ。

2013_0924夏の夜の夢0002

CDに入っている解説書。活字好きな私でも、目が飛びそうだ。実に読み辛い。でも、秘密兵器を使えば、

2013_0923ドラクマ0004  2013_0923ドラクマ0005

取り外し式跳ね上げ老眼鏡

2013_0923ドラクマ0003  2013_0923ドラクマ0002

細かいものを見るときや作業には、すごく楽。

2013_0923ドラクマ0001
楽に読める。

9月19日は、仲秋の名月。天気良く、空気も清澄で満月が煌めいていた。この夏も熱かったな。







ウスカルフレーム新作「ベルゴーニ」入荷致しました。

2013_0914ベルゴーニ0003

ウスカルフレーム新作「ベルゴーニ」入荷致しました。スマートでシャープなスクエア気味の形状で、メガネフロント上部にツルが付いているアバンギャルドなデザインなフレームです。

2013_0914ベルゴーニ0008

2013_0914ベルゴーニ0006

サイズは42□20と42□24の2タイプで目と目の距離が58mmから66mm位の人に有効なウスカルフレームです。

カラーは、パープルマット・チタングレーマット・つやありガンメタ・コーヒーブラウンの4色展開です。

2013_0914ベルゴーニ0009

ベルゴーニ(←詳細はクリック)




ウスカルフレーム新作「アイザック」登場

2013_0907アイザック0005

ウスカルフレーム「アイザック」

顔が大きめで、目と目の距離が広い方用の強度用ウスカルメガネです。レンズの横幅は42mmなので強度の方でも感動的にレンズが薄く・軽くなり、周辺のウズも目立たず、顔の輪郭が内側に大幅にズレて見られるもことも軽減します。天地幅も29mmありますので、視界もゆったり、遠近両用や中近レンズにも対応できます。

サイズは、42□28と42□32の2サイズで目と目の距離が66mm~74mm位の方に有効です。
素材は純チタンの高品質国産枠です。鼻あてとツルの部分ががっちりしており、ツルは横に広がっておりお洒落度もアップしてます。

2013_0907アイザック0004

カラーは、1ブラッシュサンベージュ(薄茶)・2つやなしダルブラウン(濃茶)・3ダークボルドーの3色展開になっております。

2013_0907アイザック0003


アイザック(←詳細はクリック)





夏終わる 勿来(なこそ)の関越え ハワイアン @いわき湯本

2013_090420130904イワキ0009

9月4日(水)曇り時々雨 早起きして5時18分の列車に乗る。夜は駄目だが、朝早いのは厭わない。
常磐ハワイアンセンター時代から気になっていたいわきの「スパリゾートハワイアンズ」を目指す。

常磐線は、大学時代に2度乗ったことがあるだけで、町や風景も新鮮。水戸から先の駅も鄙びてなく乗降客も少なくない。上越線や吾妻線は渋川を過ぎると結構鄙びているのだが。山よりも海側のほうが、人の往来も多いということか。
歌枕で有名な勿来を過ぎ、10時37分湯本駅に着く。送迎バスで10分、施設に着く。

2013_090420130904イワキ0031

入場料は、半額の1500円。水着に着替え、館内を散策、かなり広い。サマーランドとワイルドブルーの記憶が蘇る。
先ずは、水着で入れる温泉施設「スパガーデン パレオ」に。ユネッサンを小さくしたようなところ。そして通常の温泉「スプリング パーク」に入り、旅の垢を落とす。

2013_090420130904イワキ0001

 13時半から名物フラダンスショーを観る。阿波踊りを初めて見たときの衝撃はない。個人的な感想だが、阿波踊りのほうが、好きだ。踊りごとに衣装を変えたりしての変化があるが、踊りも衣装も阿波踊りのほうが美しい。衣装もフラダンスのほうが露出が多いが、阿波踊りのほうが断然艶っぽい。踊り手も阿波踊りだとみんな美しく見えるが、フラダンスは、化粧濃過ぎでけばい感が否めない。踊りの音楽も阿波踊りは心地良いが、フラダンスはちょっとうるさい。やはり、文化の違いか。小学校にあるトーテムポールのような、違和感が否めない。

福島に阿波踊りは無理があるし、炭鉱のあとに、温泉を利用しハワイアンをテーマに南国情緒のフラダンスのアイディアは、良い。戦後阿波踊りも泥臭い盆踊りから進化したように福島のフラダンスもその地の文化と融合し進化する余地はあるように思えるが。

2013_090420130904イワキ0017

2013_090420130904イワキ0026

2013_090420130904イワキ0028

ショーの後、「江戸情話 与市」という露天風呂にはいり、帰路に着く。
今回は、温泉よりも目が癒された。

2013_090420130904イワキ0029

小さな子供でもいれば、また来ても良いかも。
平日なのに館内は意外と賑わっていたし隣接のホテルは、満室。結構営業努力をしているようだ。

やはり福島はちと遠いわ。





 | ホーム |  page top