FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

早起きし 蓮華の開花 観に往かん @さきたま

2013_0731古代蓮の里0007

7月31日(水)曇り時々晴れ 蓮の花を観に行田の古代蓮の里に行く。蓮の花は、午前中に開花し午後には蕾に戻ってしまうし、来週だとほぼ終わりになりそうだったので、月末だったが超早起きして出かける。行田駅からバスに乗りのどかな田園地帯を通り蓮の里に9時半頃着く。

2013_0731古代蓮の里0005

満開とは言えないが、美しい蓮の花が点在している。蓮の花は、4日しか開花しないそうだ。古代蓮以外にも色々な蓮や睡蓮が咲いており美しい。背丈もある蓮の林は、圧巻だ。

2013_0731古代蓮の里0011

2013_0731古代蓮の里0014

古代蓮会館に立ち寄り蓮の生態に触れ、50mの展望台に登る。山々は、ガスが掛かって見えないが、雄大な関東平野が360度一望できる。この地の忍城を攻めあぐんだ石田三成に思いを巡らす。

2013_0731古代蓮の里0018   2013_0731古代蓮の里0021

曇っているが、かなり暑い。あの熊谷の隣の街だから致し方ないか。




研究会オリジナルフレーム「アーネスト」入荷致しました。

2013_0728アーネスト0002

研究会オリジナルメガネフレーム「アーネスト」入荷致しました。
スクエアタイプのナイロールフレームです。サイズが46□20(ウスカルサイズ) 52□20(通常サイズ) 58□20(大きいメガネサイズ)の3サイズあります。

2013_0728アーネスト0004

フレームのフロント部は、サンコバルト、テンプルはβ-チタン製で細く軽くかつ丈夫で軽快感のあるメタルフレームです。
レンズの下部分に枠の無いナイロールフレームで形状もやや丸味を帯びたスクエアーで金属部分も細く薄いので、シャープさ、知的さ、軽快さを醸し出せるメガネフレームです。

2013_0728アーネスト0006

テンプルの開きに弾力性のある構造を採用しておりますので、掛け心地もとっても良くなっています。




雨かすみ 赤城の風に 湯につかる@敷島

2013_0724赤城の湯0003

7月24日(水)雨時々曇り。気分転換に列車に乗る。

2013_0724赤城の湯0004   2013_0724赤城の湯0002

上越線の連絡が良かったので久しぶりに敷島で降りる。雨は降っているが、緑風で涼しく心地よい。暑くないので、プールは止め、温泉だけにする。

2013_0724赤城の湯0001

文月雨 集めて涼し 利根の川




大きいメガネ 研究会オリジナル「ステートメントⅡ」入荷しました。

2013_0722ステイトメント20003

大きいメガネ研究会オリジナルセルフレーム「ステートメントⅡ」入荷しております。

2013_0722ステイトメント20004

セルフレームでは人気の高いウェリントンタイプの大きいメガネです。サイズは、61□17、フロントの総幅は、158㎜でかなり大きいです。レンズの天地幅も35㎜ありますので、遠近両用や中近レンズでも十分な視野が確保できます。
 レンズにカラーをつけてサングラス的にすれば、大きいので大いに眩しさは軽減し、かなりカッコ良くもなるでしょう。





文庫駅東口駐車場 値下げしました。30分@200円

2013_0712TAO0004.jpg

今年の6月1日オープンした文庫駅東口の駐車場ですが、強気の価格設定を7月11日から
半額に値下げしました。

2013_0712TAO0005.jpg

オープンからおよそ一か月で値下げとは...。看板やチラシは、無駄になりましたが、
過則勿憚改 (過ちては、すなわち改たむること憚る勿れ 論語)ですな。

さて、30分200円と少しリーズナブルになりましたので、当店にお越しの際は是非利用ください。

君が崎交差点の笹下釜利谷道路下の側道に入り一番奥を右折したら駐車場に入れます。

2013_0712TAO0006.jpg

この駐車場利用の際は、メガネ1万円以上で1時間まで、3万円以上で2時間まで当店で負担致します。

駐車料金を節約したい方は、駅反対側のスーパー「アピタ」の駐車場をどうぞご利用ください。





太鼓鳴る 夏の夜の夢 うたかたか by TAO

img077.jpg

img078.jpg

7月5日(金)夜 横浜BLITZ でTAO20周年記念舞台「火の鳥 祝祭」を観に行く。

2013_0712TAO0002.jpg   2013_0712TAO0001.jpg

拍子木、和太鼓、鉦、銅鑼、笛、箏、三味線などなど他にも名前が出てこない和の伝統楽器を使った舞台芸術である。音楽や踊りは現代風にアレンジして観客を魅了するミュージカルのようなエンターテインメント。

2013_0712TAO0003.jpg

伝統和楽器の小気味よいサウンドにリズミカルな和太鼓。舞台では、美しい衣装を纏い鍛え抜かれた男女が踊り、演奏を奏でる。聴覚は言うまでもなく、和太鼓の風振で体が揺れ魂も揺さぶられるような気がする。ビジュアルも一糸乱れぬ演奏に踊りで躍動感があり美しい。聴覚・触覚・視覚が快良く夢心地の夏の夜。尺八やほら貝、三線もあれば、なお良かったなと思う。

和の伝統楽器を芸術的に昇華しエンターテインメントとして観客を魅了するTAO。素晴らしかった。

img079.jpg

工夫の継続に、才能は宿る (TAO)


阿波踊りの素晴らしさもこのTAOに勝るとも劣らない。阿波踊りも祭りで踊るだけではなく舞台芸術的にエンターテインメントとして進化すれば今迄以上に大いに人気を博するに違いない。徳島の山中、AWA danceの里を作り阿波踊りの素晴らしさを世界に発信することができたら素晴らしいだろうとふと思うが。





襖に壁紙を

ここ数年、松居一代さんのお掃除に始まり、こんまりさんのときめき本にはまり、やましたひでこさんの断舎離に共感し、最近は収納やDIYのブログを熱心に読んでおります。

お掃除やDIYブログを読んでいて思うのは、絶対にあきらめないで、現状をなんとかより良いものする!という強い思いと遊び心。
現状大変な人が多く、それだからこそ、えーい、くそっ、まけてたまるものかっ!と思うのでしょうね。(*^_^*)

ブログを読みつつ私も幾度となく励まされ、あきらめちゃあいけない、と思うのであります!

世の中には本当にいろんな人がいるもので、「えっ?そこまでやっちゃう?」っていう、なんというか、目からうろこの行動を起こしてしまう人がいるもので、すごいなぁ、と感心してしまうわけであります。

で、私。和室のいかにもありがちなふすまの模様がどうしても気に入らないのであります。もうかれこれ一年以上、ことあるごとにふすまがみを探すのでありますが、ない。気に入ったものがない。

でも、気に入った壁紙なら見つかった!
なら、壁紙を貼ってしまえ!
ということで、貼っちゃいました。

ビニール壁紙で通気性は?とかいろいろごちゃごちゃと考えるも、

いったい何年同じことを考えてる?
もういい!
やってしまえ!

と・・・心の声が叫んだのであります。

fusuma.jpg

襖の枠を外して、本格的に。

貼った直後、ブヨブヨしていて、やっぱり、襖にビニール壁紙はダメだったのかな、と内心ひやひやして、ネットで再度チェック。
大丈夫、3日後くらいにはピンと張ってくるらしい。ほっ
貼った翌日、すでに、張ってきていていい感じになってきた。あーっ、よかった。それに、壁紙なら、汚れても拭けばとれるしね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝の情景・・・

早朝から、決死の覚悟で、壁紙と奮闘する私を見て、

パンダ 歯を磨きつつ・・・「ねぇ・・、それ、楽しいの・・・?」

けろ 「楽しいとか、楽しくないとか、そんなことじゃなくて・・・」ぜーぜー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜の情景・・・

パンダジュニア帰宅。 「おーっ。いいじゃん。お洒落じゃん。」

けろ 「でしょ。」 ~ ざっとこんなもんでしょ、みたいな・・・

パンダ帰宅。「おーっ、いいね。なかなかないよね、こういうの。」と言いつつ、襖を手で撫でまわす。

けろ 「ふふっ」 ~ 得意満面。やるときには、やるのよ、みたいな・・・

~ その夜、私は9時に寝た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歳はごまかせません、っということで、おしまい。

by 







 | ホーム |  page top