FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

丸メガネ新作「まどか」入荷しました。

2012_0924マドカ0001

丸メガネ研究会のオリジナル新作「まどか」入荷いたしました。

2012_0924マドカ0003


セル素材の大きめの一山タイプです。サイズが、44□28 フレームPD72mm、フロント総横幅142mm。従来にはない大きなセル丸メガネで、目と目の距離の幅広い方(68mm~72mm)に最適なメガネフレームです。

当店では、黒とブラウンを入荷致しました。


[クロ流れ]
2012_0924マドカ0004

[アーモンド茶マダラ]
2012_0924マドカ0002



秋なれば 癒しはやはり 草津の湯

2012_0920遠近ウスカル0003
9月19日(水) 草津 雨 19℃

凛とした涼しさ、澄んだ空気、そして温泉。
この涼・気・湯は、草津に来ないと味わえない。
それ以外は、どうでもいい。

2012_0920遠近ウスカル0002

翌朝は、晴れて暑い。
湯釜に赴く。今年は2回目だ。

2012_0920遠近ウスカル0005

温泉に3分3回を5セット浸かる。強酸性の湯で体表面を殺菌した。

2012_0920遠近ウスカル0010

もう秋だ。










秋来たり 夏の疲れを 癒さんと

9月19(水)~9月20(木)連休させていただきます。申し訳ありませんが、9月21(金)以降にご来店くださいますようお願いいたします。





涼まんと あてがないぜよ てっぱくへ

SL

9月5日(水)定休日
desireする処が、思い当たらない。家事も忙しくパワーがでない。
それで、一度は行ってみようと思っていた大宮の鉄道博物館に行く。

大宮。サラリーマン時代、一年弱、日進、指扇に住み、ソニックビルに通勤していた。その頃は、ソニックビルの先は畑だったけど、今や大宮は大都会だ。あの頃を少々懐かしむ。
 
さて、「てつ」ではないが、青春18きっぷを愛用し、列車に乗るのは嫌いではないし、幼き頃、Nゲージや、「あさかぜ」や「さくら」のブルートレインに憧れていた私としては、「てっぱく」は、一度は、訪ねたい所であった。
あさかぜ

先ずは、憧れの「あさかぜ」。中には入れなかったが、感無量。祖父母の家が、東海道戦沿いにあり、遊びに行った時、ブルートレインの最後尾を見ては、あの列車に乗れば、どこか遠くの素敵な処に行けると憧れ空想に耽っていたことが思い出される。結局、日本のブルートレインは、初めて、阿波池田に行った時坂出まで乗った「瀬戸」だけである。

寝台列車は、インドや中国ではよく乗った。カルカッタ~ブッダガヤ~ベナレス~ニューデリー~ジャンムー~アムリトサル~プリーの北インド。中国は、縦横無尽。北京を中心に北は斉斉哈爾、南は雲南や海南島、東は丹東、西は烏魯木斉。中には、蒸気機関車もあった。乗ったのは、殆ど二等寝台。インドは、十何時間遅れるのは日常茶飯事。予約しているのに席が無く、荷物置き場やトイレの前で寝かされた。中国では、スリに会い、所持金を抜き取られた。難行苦行のほろ苦い思い出である。

ジオラマ

小学生の頃、田宮の模型で戦車・飛行機・軍艦・兵士のプラモデルでジオラマを作り戦場を再現して遊んでいたが、鉄道のNゲージにも強く憧れていた。少しは買い求めてはいたが、小学生の小遣いでは大して集まらなかった。きっと「てっぱく」にあるようなジオラマを作りたかったのかもしれない。今てっぱくのジオラマを眺めると、すごい立派で、素晴らしいとは思うが、所詮模型だなと少々覚めた感じを持ったのは、年老いたせいなのかもしれない。少年の頃の気持を失っている自分を少し寂しく感じる。


大学の頃、バイクで北海道を一周したが、広大な大地をバイクで走り抜けるのは、とても気持ちが良かったのだが、何か点と点を結んでいるだけのように感じむなしく思えた。バイクなら原付、原付よりは自転車、いや歩くのが一番良いのではないかと思えた。
四国も特急乗り放題の周遊切符で巡ったこともあったが、これも点と点を結んでいるようでむなしく思えた。やはり、旅は鈍行で現地の空気を感じ、ローカルなバスに乗り、歩くのが一番良いように私には思える。

乗り鉄、撮り鉄、録り鉄等々、色々いるらしいが、鉄道は、私には、有効な移動手段の一つに過ぎない。何といっても、眠れる、本が読める、酒が飲めるのが良い。それに、日本の鉄道は、清潔で安心・安全。「てっぱく」では、その歴史の重みを十分に感じることもできる。ただ満鉄のあじあ号がなかったのがちょっと残念。
これからも、鉄道も利用し、無敵も求め、のんびり、ふらふら漂白したいものである。

夏旅の終わりに、杉田家のラーメンで締める。インパクトはあったが、翌日、腹を壊す。???











 | ホーム |  page top