FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ウスカルオリジナル 新作「オベリス」入荷しました

2012_0527遠近ウスカル0005

ウスカルオリジナル最新作「オベリス」全色入荷いたしました。形状から女性向きでしょうか。サイズは36~42mmの可変で、レンズの耳側が空いており、その空間に丸いオブジェがある個性的なデザインです。

2012_0527遠近ウスカル0006

テンプルは、βチタン材なので弾力があり掛けやすくなっていますし、お洒落な紋様の空洞があり横からみてもお洒落です。レンズの縦幅は、26mmありますので、遠近両用レンズも対応できます。ウスカル枠は、近視の方のみならず、遠視や老眼の方にも薄く軽くできますので、薄くて軽いお洒落な手元を見るメガネとしても活躍できるでしょう。もちろん、日本製の高品質メガネフレームです。

ウスカル「オべリス」(←詳細は、クリック)






新緑に 草津訪ねて 白根山

2012_0524湯釜

新緑に 草津訪ねて 白根山
      湯釜見ながら 美酒で乾杯!

5月23日(水)・24日(木) 草津に赴く。

2012_0524小野子    2012_0524吾妻川
吾妻の旅は、ここから始まる。ビールで乾杯!

草津20℃。晴れ。真夏だ。緑が目いっぱい飛び込んでくる。心地良し。ひとふろ浴び、腹ごしらえをし、久々の白根山へ。湯釜詣では、2010年の秋以来。

2012_0524遠望    2012_0524万座

湯釜を見て、万座温泉を眼下に眺める眺望、澄んだ空気を肴に飲むワインは、格別。白根山で酔い痴れ、草津の湯に浸かる。こういうシチュエーションは、なかなか無いぜよ。
 その昔、中国の大理という町で小高い丘に登り、眼下に洱海を眺めビールを飲みながら悦に入り、こういうシチュエーションは、なかなか無いなと思ったことがあったが、名湯草津に、美味いもんがあるこっちのほうが勝っている。

葡萄美酒 白根山
欲飲湯釜 眼前開
好久不見 神秘美
旅遊東西 幾所有

2012_0524森林2    2012_0524緑3

林の中の緑が心地よい。帰りにちらっと湯畑辺りを散策する。先月はあったあの老眼鏡専門店が無くなり、豆菓子屋になっていた。そりゃ無理だわ~。ちと悲し。

2012_0524店

行きも帰りも関越道を通る。今月の初めにバス事故があった壁はまだ一部破損していた。渋川伊香保インターから上里辺りまでの路肩を見てもあのような状況が起こるような場所はほとんど見当たらない。違う場所で路線から外れれば違ったことになったのになと思い、あの場所で激突したのは運命としか言いようがない。
 会社勤めの頃関越は良く運転したが、結構睡魔と闘っていたことが思い出される。






雲が切れ 金環日食 現れる

日食

雲が切れ 金環日食 現れる
        確かに見たぞ 天空リング

2012年5月21日(月)午前7時半ごろ金環日食@横浜。朝、起きると、雲は薄いが雨。世紀の天体ショーも残念なことになりそう。日食メガネも用無しかと思っていたが、7時前から雨はやみ、時折薄日が射し、月に食われた太陽が雲の切れ間に垣間見ることができた。太陽が眩しく輝くこともあり、日食メガネも活躍。金環のリングもメガネを通し、雲を通しても、しっかり見ることができ、満足した。

日食といえば、ジョン・デンバーの名曲「Eclipse(日食)」を思い起こし、30年ぶりくらいに聴いてみた。
Eclipse (John Denver) (←クリック 日食の映像と音楽)

彼が81年来日した時コンサートを見に行ったことやグレイハウンドのバスでマンハッタンからフロリダへ旅した時のアメリカの光景が思い出され、リュックを背負ってコロラドに行きたくなった。

6月6日に太陽の前を金星が通るらしい。そのときに又、日食メガネは、活用できる。






衝撃の チーズケーキに 再会す 

コーヒーブレイク
衝撃の チーズケーキに 再会す
         何のことなし デパ地下にあり

その昔、喫茶「とぅんふぁん」をオープンする際家内が通っていた珈琲専門学校の1階が喫茶店になっており、そこのチーズケーキと珈琲がとっても美味しいとの話を聞いた。さっそくその店に行く。その店は珈琲専門学校のモデルにもなっており、カウンターの奥に綺麗で高価な磁器のコーヒーカップを並べそのカップで炭火焙煎珈琲をドリップで味わえるこだわりの喫茶店。チーズケーキと珈琲のセットで確か1200円くらいだった。ラーメン2杯、ウナギも食べられる価格だなと思った。

珈琲は美味い。チーズケーキは、オリジナルではなく「鎌倉山」。そのチーズケーキも単体でもまっ美味い。こってりとして濃厚であり、食すると、舌の奥のほうにべったりまったりとその味が残る。そこに珈琲が注ぎ込まれると、舌の奥で絶妙なコラボレーションが起き、今まで味わったことのない味わいに衝撃を受けた。まさに珈琲とチーズケーキがアウフヘーベンしBEYONDの世界の味わいを感じることができ、大いに感動した。

最近、コーヒーブレイクする機会が増え、あの感動を再び味わいたいと、あのチーズケーキを真剣に探すと、高島屋のデパ地下で買えることが判明。実に18年ぶりくらいにあの感動を再び味わうことができた。その後は、横浜に出るたびに買ってきては、弁証法的珈琲ブレイクを愉しんでいる。

チーズケーキ1    チーズケーキ2

珈琲好きな方には、ぜひ一度ブラック珈琲と一緒に「鎌倉山オリジナルチーズケーキ」を食し、あの舌妙なアウフヘーベンを味わっていただきたい。
このチーズケーキは、プレーンと木イチゴとあるが、珈琲との相性は、プレーンのほうが良いかも知れません。




薫風に スーパームーン 眺めつつ

スーパームーン

5月5日の晩は、満月で月と地球の距離が最短になるスーパームーン。風呂上りの夜風が心地よい。いつもの満月より大きく、明るく見えるような気もするが。

これから、月が欠けていき再び地球と月と太陽が一列に並ぶと日食になる。横浜だと天気に恵まれれば金環日食を見ることができる。
首都圏で金環日食が見れるのは173年に一度だそうだ。前回は江戸12代将軍家慶の治世で天保の改革の頃。高杉晋作が生まれた年。

ひとたび動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し。衆目駭然として、敢えて正視する者なし

晋作が奇兵隊を率い挙兵し日本の近代化への引き金になった快挙を思い、望月といえば西行そして東行にも思いを巡らす。

日食メガネ

金環日食は、それ以来の天体ショー。
くれぐれも太陽を直接見ないで、専用の日食メガネを掛けて見ましょう。




五月雨で ながれて悲し パレードよ

2012.5.3スタジアム

5月3日(木)定休日 雨のち曇り

 長年(30年以上)横浜にいて横浜パレード(国際仮装行列)は、見たことがなく、今年は定休日と重なったのでようやく観賞できると楽しみにしていた。が、大雨のため翌日に延期になってしまい、またの機会のお預けになってしまった。残念。

 友人より横浜スタジアムにプロ野球を観に行こうと誘われており、こちらのほうは、ときおり小雨が降ったりもしたが、見ることができた。

 私は、東京生まれだったので幼少のころより、ジャイアンツのファンであった。横浜に移り、高校時代友人と川崎球場に大洋ホエールズの試合を見に行き、ボコボコホームランを打ち合うダイナミックでアバウト(?)な大洋の野球、オレンジとグリーンの鮮烈な色のユニホーム、シピン・ボイヤー・平松など強烈な個性の選手などに魅了され、それ以来ホエールズのファンになってしまった。シピン・松原・平松・奥江・杉山・田代や鈴木尚・遠藤・佐々木・斉藤隆・ミャーン・ローズなどなどの個性の光る実力選手もいたので、弱いながらも、それなりに応援の甲斐はあった。1998年の日本一で応援のピークを迎えたが、その後段々と監督も選手もホエールズ時代のDNAは、影をひそめ、おまけに最近は余りに弱く開幕一ヶ月も経たぬうちにプロ野球の熱は冷めていた。

2012_0503ヤクルトVS横浜1


 そして、今年から、DeNAに。やくみつるではないが、「モバゲー」はやったこともないし、監督は、巨人OBのあのユニフォーム監督の下の助監督だった中畑氏である。開幕前から冷めていたし、今年も開幕から弱いし、選手すらよく知らない。そんな心境ではあったが、友人から誘いを受け、バックネット裏のブルーシートのグッドな席なので、楽しみにしていた。雨は時折降っていたが、ワインを飲みながら最後まで観戦でき良かった。とりあえずベイスターズも勝ち6連敗を止めた。
 今年は、プロ野球に熱くなることはないだろう。せめて平松あたりが監督になれば、ホエールズの面影も少しは残ったのになと思うのは私だけか。

2012_0503ヤクルトVS横浜2

 京急日の出町駅から伊勢崎町を抜けスタジアムまで歩く。偏光メガネを掛けていたので雨の中の様々な反射や雑光を遮ってくれて目がとても楽だった。試合観戦中もずっと偏光サングラスを掛けていた。雨に偏光サングラスは良い。今後も雨の日に外出するときは明るい偏光サングラスを掛けることにしよう。







 | ホーム |  page top