FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

春はまだ 卯月の草津 湯三昧

草津標高
高崎で海抜97mか。関東平野の広大さを感じる。ちなみに今住んでるところは、海抜およそ30mで高崎線だと熊谷辺り。横浜最高峰156mは渋川の手前八木原辺りになるようだ。

4月19日(木)20日(金)連休に草津に赴く。途中吾妻川沿い小野子(海抜250m)~原町(350m)辺りまで桜が満開で目を愉しませてくれる。

2012_0420小野子    2012_0420桜吾妻川

草津に昼前に着く。春の訪れる前にタイムスリップ。朝晩は、かなり寒い。5℃くらい。
花の見ごろはGW頃か。志賀草津道路も閉ざされている。今回は、風呂三昧の湯治に徹する。

湯は、3分3セット。草津の湯だとこれは結構きつい。湯上りのワインにDVD鑑賞。また湯に浸かる。これを計6回繰り返し、草津の湯を十分満喫し命の洗濯をした。右手首が痛いのだが、さすがに草津の湯でも直らなかった

2012_0420草津

思えば、小学校の6年のとき、友達と西湖に行ったのを皮切りに今まで幾多の旅をした。バス・列車・船・バイク・自動車に飛行機で、西はアムリトサル東はニューヨーク北はチチハル南はバンコク。ある時は絶景を求め、ある時は美味を求め、ある時は、極上の温泉を探しに。旅から学んだことも多いし、旅は私の人生にも大いに影響を与えてくれた。そう、あの時、マニラに行かなければ、今の家族もなかった訳だし。

そして、今回の温泉三昧の草津行きは、ある意味で極まった感じがする。これからも旅は続けていくとは思うが。


ウスカルフレームで遠近両用メガネ

2012_0417遠近ウスカル0001
最近、新たにウスカルフレームで遠近両用メガネを作成した。今回作成したメガネフレームのサイズは横幅42mm縦幅24mmのかなり小さいサイズである。

私は、見る、見えるということに関しては、結構神経質(?)でシビアでもある。右目も左目も遠方から近方までオールラウンドに鮮明・シャープ・クリア・スムーズに見えないと我慢できない。また、手元を見る際のピント合わせがもうかなり衰えているので(老眼)、偏光サングラスと寝転がってテレビを見るときの跳ね上げメガネ以外は、遠方から近方までストレスなく見える遠近両用メガネしか使っていない。

2012_0415遠近ウスカル0001

そんな私ではあるが、縦幅24mmしかない遠近メガネの使い勝手は、如何なものかと少々不安な点もあったが、使ってみると、正直まったく問題なく、ほかの大きいサイズの遠近両用メガネとなんら遜色なく使用できる。
パソコン作業も普通にできるし、新聞雑誌も普通に読める。遠方もクリアに見え、1日使用してもストレスはない。強いて言えば、屋外に出たとき広い範囲を見渡すとレンズが小さいのでボケる部分が少々気になるくらいである。

2012_0415遠近ウスカル0002
今回作ったメガネのレンズは、プライベートで使っているメガネのレンズのおよそ3分の1の大きさしかない。


遠近両用レンズの場合遠方・パソコン作業などの中間・近方と見る部分がレンズの上下で推移しているので流行の天地の狭いメガネは遠・中・近とオールラウンドで見たい方には余りお勧めできなかったが、今回自分で天地の狭いメガネを使用しても余りストレスにならないことを実感した。

ウスカルフレームでは、強度の近視の方や遠視の方のレンズが厚くなる・重い・渦が目立つなどの問題を大いに軽減できる。そういったストレスよりは、レンズが小さいことによるストレスのほうが、間違いなく少なくなるケースも多いと思う。物の見方には、個人差があるので全ての人に当てはまるとは思えないが、天地の狭いウスカルフレームでの遠近両用メガネも十分に有効であることを感じた。

ちょっとメガネだと分厚くなる・重たくなるということで便利な遠近両用メガネを躊躇っていた方、ウスカルフレームでぜひとも掛けてみて欲しい。メガネが小さいと見た目もスマートで老眼が入っているとは思えないし、かなりヤングに見られるかも。




4月19日(木)4月20日(金)は、連休させていただきます。



彩づいた 花の下にて 酒飲まん いつも見ている あの山の上

2012_0412桜0006

4月12日(木)定休日 晴れ

いつも眺めている山々が、彩りはじめた。天気もよく絶好の花見日和である。山頂にも桜が咲いている。あそこで赤ワインを飲んだらさぞかし美味いだろうと赤ワインと弁当を持って出かける。

2012_0412桜0001     2012_0412桜0003


染井ヨシノ・山桜・大島桜などが約2000本植わっている金沢自然公園を抜けて、大丸山に向かう。途中桜が満開できれい。頂上に着く。赤ワインを取出し花見酒に花見弁当。遠く房総半島も望める雄大な景観を眺め、鳥の囀りをBGMに桜の下飲むワインに弁当は格別に美味しい。酒を飲むのも一か月以上ぶり。酔いも醒めぬまま千鳥足で稜線を歩き朝比奈インターの手前位のところで山を下り、帰路に就く。実に素晴らしい花見であった。
2012_0412桜0004    2012_0412桜0010

最近、ほとんど酒を飲まなくなった。思えば20歳のころから、コークハイにはじまり、海外旅行に出かけては、ナポレオンやXOのブランデーの免税品を買い込んで悦に入り、休肝日もなくウーロン割や赤ワインをつい最近まで飲んでいたが、とうとう日常に飲む酒とは縁が切れたようだ。
 しかし、桜を愛で春の訪れを喜ぶような非日常を彩るのにはやはり美酒は欠かせない。今後酒を飲む機会は、かなり減ると思うが、飲むときは、じっくりと美酒のみ味わいたいものである。

2012_0408桜0009    2012_0408桜0013

花見も通勤のルートを変えてちょっと足を伸ばすと、堪能できる場所がある。4月1日からほぼ毎日、ルートを変えて桜やほかの花を楽しみながら歩いている。こちらの桜は、今日は、そろそろ散り始めた。2012年も桜を愛でることができた。








新型跳ね上げメガネ 「丸型」 入荷しました。

DSCF2396.jpg

跳ね上げメガネの新作入荷いたしました。形状は「丸」。サイズは42□21 42□25の2サイズで、やや顔の大きな人、目と目の距離が64mm~67mmくらいの人にも対応できます。
素材はチタンの日本製です。色はブラウン・グレイ・黒の3色展開です。
跳ね上げ部分は、ばね式で跳ね上がります。

DSCF2397.jpg

丸で跳ね上げなので、アート的なお洒落さと職人的な感じを醸しだしてくれそうなメガネです。
レンズの横幅42mm縦幅40mm位なので視野も十分有りますし、レンズも薄く軽くなります。
お洒落な跳ね上げメガネが、一つ増えました。




 | ホーム |  page top