FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

遠い日・風あおあお@伊豆熱川

伊豆熱川
 
11月24・25日の当店の連休に、久し振りに伊豆に赴く。伊豆は嘗てはよく訪ねた場所である。高校時代にバイクで。そして、息子が保育園から小学校の4年生くらいまで、ドライブによく来ていた。その後、息子と休みが合わなくなり、今では、年に何回かJRで伊東に風呂に入りに行くくらいになってしまった。伊東より先は、だいぶご無沙汰であった。

伊豆・箱根方面は、通常は、自分で運転していたので車窓を楽しむということはなかったが、今回はバスの移動だったので、車窓の眺めも新鮮でずっと音楽を聴きながら外を眺める。
車窓

道中、ドライブイン・コンビニ・ガソリンスタンド・旅館やホテルが無くなっていたり、閉鎖しているのが目立つが、懐かしい風景も点在しており、紅葉も美しく目を楽しませてくれた。ぼけっと車窓を眺めながらの移動も楽しいものである。

さて、熱川である。今迄は、バイクや車で通り過ぎるだけだったが、昔のアルバムを見ると小学生の臨海学校時にバナナ・ワニ園訪問の写真があるので、それ以来ということになる。
バナナワニ園

温泉街を歩く。海が間近にあり、近くに大島が見える光景は、開放感に溢れ雄大である。途中太田道灌の像が。熱川は、室町時代太田道灌が、発見し此処で疲れを癒し江戸築城に向かったとか。ある意味、東京の始まりがここにもある。
大島 太田道灌

海辺にある、高磯の湯という温泉施設に入る。ずっとひとり貸切状態だったので、忍ばせておいた、赤ワインをとりだし、海を眺め、波音をBGMに、温泉に浸かる。ちょっと風が強かったけど、気分は最高。

高磯の湯 入浴

葡萄美酒 海辺泉
欲飲晴天 風青々
酔臥浴中 君莫笑
遠日伊豆 很追想


海辺の温泉も良きもの。白浜の崎の湯に又行きたくなりました。

伊豆熱川といえば、これまた、私の小学生時代に流行った「せいさん、こいさん、ちょっくら!そうずら!」の「細腕繁盛記」を思い出す。温泉街のホテルや旅館も廃墟、閉鎖がかなりめだち、ちょっくら、元気がないようにも思えた。風光明媚で豊富な温泉が湧き、美しい海岸もあり、海の幸、山の幸も少なくない。バナナ・ワニ園もある。(そういえば、草津にもワニが居ましたな。爬虫類はあまり興味はないけど、宙飛ぶワニでも飼育すれば、絶対に見に行きますが。) 
 昨今東京・横浜から、お客さんも増えてきてるようで、再び、往時の活気を取り戻し、清らかな銭の花を咲かして欲しいものだす。

 海岸 熱川海岸

久しぶりに、伊豆を訪れ、昔よく来ていた事を懐かしく思い出させて頂いた。今回のタイトルは、姫神の曲名です。日本のruralな風景に、彼の曲は、マッチしますね。そういえば、「海道を行く」という曲につられて、天橋立の股のぞきに行ったこともありました。

宿から見た大島の稜線からの日の出。
日の出

日々是新。今日も1日頑張るぞ!

眼鏡展示会&紅葉@文京区

六義園1

11月11日の定休日は、卸屋さんの秋の展示会に出向き、眼鏡フレームの仕入と、メーカーさんが展示している最新の素敵な眼鏡フレームを探しに東京は、文京区まで行った。2時間ばかり、メーカーさんの展示フレームを吟味し、これからの商売の為のフレームを仕入れる。
昼食は、卸屋さんにご馳走になりました。
海老フライ定食

刺身かフライか悩みましたが、"やっちまいました" しっかり、おかわりもしました。

食後は、近くの六義園に散策に。紅葉がとってもきれいでした。
六義園2 六義園3

11月12日の夜も横浜で眼鏡の展示会があります。素敵な眼鏡フレームを探してきます。

日本眼鏡技術研究会 秋季研究会@新宿

       メイキャップ

11月4日(木)新宿の東京眼鏡専門学校で日眼研の秋季研究会が行われた。プログラムは、

①技術経営の学生が見た眼鏡業界について
②カラー分析で似合うメガネは、選べるか?
③資生堂のメガネとメーキャップ
④日眼研賞表彰
⑤実務に於けるビジョントレーニングの利用
⑥近視の加齢に伴う進行度合いの統計結果について
⑦中心性脈絡膜炎等の後遺症・変視症の見え方を改善するための眼鏡処方
⑧立体映像について

午前10時から午後5時迄、一日がかりの研究会であった。一メガネユーザのメガネ購入に関する疑問や体験談の発表や会員の現場に即した独自の研究発表、専門家による講義・実演と内容は盛りだくさんで非常に有意義な研究会であった。

「②カラー分析で似合うメガネは、選べるか?」では、家内がカラー分析の知識と常日頃の販売経験からの研究発表を行った。
カラー講義1 カラー講義2

 ③の資生堂のメーキャップの講義は、新聞等のメディアにも載り、話題になったもので、当ブログでも紹介した内容の説明と実演であった。
メイキャップ講義 アイメークの記事

女性の化粧をまじまじ見るのは初めてであり、メガネレンズのパワーの影響で、目や目元が、大きくなったり、小さくなったり、余計なところが目立ったりするのをメガネフレームとのバランスを考え、アイメークで、カバーし、より美しさを魅きだす技を目の当たりにしたが、中々化粧というのは凄いものであると感じ、このアイメークはメガネ装用者(特に女性)にはかなり有効に思えた。すっぴんでは、目元がハッキリしなくても、アイメークで目元パッチリという方は、少なからずいますしね。
 
 ウスカルフレームでは、顔の輪郭が、レンズに入り込むのや、レンズの渦を大いに軽減でき、アイメークで目元をぱっちりすれば、近視のメガネのいかにも度が強いのが、許容できないという方にも、この方法により、目が小さくなるという印象は、かなり払拭でき、鬼に金棒といったところではないでしょうか。このアイメークの技は、資生堂のショップで体験できるとの事です。男性の場合も、アイメークする事に抵抗がなければ、有効かもしれません。

パネル1 パネル2
パネル3 パネル4

午後の研究発表は実務に直結するもので、いろんな工夫を聞く事が出来、現場で大いに生かせる内容であった。

研究会の後には、懇親会に参加させていただき、有意義な一日を過ごせました。ただ、早寝・早起き・朝ご飯の私には、ちと帰宅が夜遅くなったのは辛かったです。世話人の方、お世話さまでした。

 | ホーム |  page top