FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フレアスカート

フレアスカート
「ファッションショーしよ~」と高校生の時に母に誘われよくやったものだ。もう30年以上も前の話だけれど・・・
どんな事をするかというと、買ってきた服を着て、これにはこのセーターを組み合わせたらいい、とか、この靴を組み合わせたらいいんじゃない?とか、いろいろとあーでもないこーでもない、とやるのが楽しかった。

覚えているのは、フレアスカート。母はフレアスカートやAラインの服装が大好きだった。その日、母はベージュのフレアスカートを買ってきた。それに金のベルトをつけて、上は白のサマーセーターを着て歩くんだと。すそのフレアーが綺麗に開いて素敵なんだと。それで、「あんたも着てみな」、ということで、私も着てみる。何か様子が変だ。そう、私はフレアスカートが似合わない、というか、腰が狭くてうまくフレアが開かずに、情けなくしぼんでしまう。

1999年にカラー&スタイル分析を学んだが、そのときやっと、長年の疑問が解決した。

母は、なで肩で、腰がバーンと張っている。そして、私は、といえば、いかり肩で腰が全くない、そう、いわゆる少年体型

スタイル分析では、その人の持つラインの延長線上にあるものが似合うと学んだが、正にその通りだった。腰が張った人がフレアスカートをはくととても綺麗にすそが広がり素敵なラインになるが、私のようなストレートな体のラインをした人はむしろ、タイトスカートとかまっすぐなラインの服のほうがよく似合う。実際その後色んなものを着てみたが、その公式はよく当てはまる。

しかし、そんな事を学ぶまでの十数年間、私は考え抜いた結果、ギャザースカートに活路を見出し、これでもか、というほど、実体のない腰をギャザーで膨らませていた。"^_^" 胸のないのは、胸元にゴムシャーリングでギャザーを付け、その頃は、偽バルーンのような体型で、足だけ細い、という。(笑)

メガネも同じで、その人の顔の形の延長線上にあるものがよく似合う、と思う。時々、丸顔には四角いもので、丸さを強調しないように、というような説を見聞きするが、実際かけてもらうと、丸には丸、四角には四角、また、ほお骨のラインに沿ったようなメガネの形、つまり顔の形の延長線上にあるものがよくマッチするように思う。顔の形と全く違うもの、というよりも、特徴を生かしつつ、違うイメージにする、というほうがうまくいくかもしれない。

後日談:スタイル分析を学んだ後、母に、私がAラインの服装が合わないのはこういうわけだった、という話をしたら、「でも、その体型って、女性として魅力ないでぇ。」と・・・ムカッ!
そのとき、とっさにいえなかったが、またこの話になったら、次のように言ってやろうと思っています。「女性らしい体型をした性格のきっつーいひとより、少年体型をしたやさしい人のほうがいいんじゃない?」と。

(けろ)
 | ホーム |  page top