FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

年初め 物見遊山が 肝試し @岩櫃山

2016岩櫃山 021

1月2日(土)天気も良いし暖かそうなので、草津に行くときにいつも仰ぎ見、いつかは登りたいと思っていた戦国武将真田氏ゆかりの岩櫃山へ行くことに。

2016元旦 017

吾妻線郷原で降りる。

2016元旦 042

目指すはあの山だ。

2016元旦 016

案内では、駅らくコース★★なので、軽くハイキング気分で向かう。1月2日より、登山の自粛願いやクマ出没注意などの看板が目につく。他の登山者もなく、穴持たずの熊に会ったら怖いなと思いながら山頂を目指す。途中4人の登山者に会うが、皆本格的な装備だ。

2016元旦 024
勝頼公を迎え入れようとした潜龍院跡。
らくコースとはいえ、結構きつい。

2016元旦 038

一時間強へとへとになりながら登っていると突如眼前が開け、雄大な景観が現れる。ここで陣取っているカップルに頂上ですかと尋ねると頂上はあそこと指をさされ、みると大きな岩山が。

2016元旦 037

あれを登るのか登れるのかと思いこの見晴らし台で終わりでもよいとも思うがカップルがいたので取りあえず頂上へ向かう。岩山の下に着くもかなり怖い。正月早々滑落事故なんて最悪だし、有名な漫画家が群馬の山で滑落死しているし、目標を目の前にして挫折するのも正月早々ばつ悪いしなと思い巡らすこと10分くらい。

2016元旦 028

大晦日に格闘技のテレビを見たばかりで熱き心がまだ宿っていたのか、滑落してもあのカップルもいるし・・・、意を決して岩をよじ登る。

2016元旦 032
頂上からのパノラマ

2016元旦 033  2016元旦 031

下を見るとかなり怖い。必死の思いで頂上にたどり着く。岩の上は広くなく景観は360度素晴らしいが、足が竦んで愉しむ余裕もない。降りるときは、登るとき以上に怖く、やっぱ登らなければ良かったとおもいつつ、必死の思いで岩をおりた。

2016岩櫃山 035
これを降りる。ちょう怖~い

岩を降りきった時、精根尽き果てたが、達成感で満足できた。帰り、岩櫃城跡から群馬原町へ行く予定だったが、時間が無くまっすぐ郷原に向かう。

帰ってきてから調べると、岩櫃山で過去に何回か滑落死亡事故が起きているとか。この情報を知っていたら、見晴らし台にカップルがいなかったら今回は、岩櫃山頂上には行ってなかっただろう。今回山登りで初めて怖い体験をしたが、石鎚山、妙義山、嵩山にも登りたいと思っているが、岩山のピークを目指すにはそれなりの準備が必要なようだ。

img013_2016010918130170e.jpg





 | ホーム |  page top