FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

見上げれば 青空に咲く 桜かな

170405花見 011

4月5日(水) 天気よく、暖かく絶好の花見日和。丁度見頃は、都内と大宮くらいのようで、目黒川が人気一番とか。行ったことがないので目黒川の桜を見に行くことに。JR目黒で下車し、目黒川沿いを池尻大橋付近まで歩く。桜は、ほぼ満開で、青空に映え美しく咲いており、春の到来を実感。中目黒あたりは、大勢の人出でごった返していた。さすが東京、人は多い。

170405花見 015

せっかくだから、上野にも寄る。桜は、見頃でやはり人が多い。桜を見に、吉野や神代桜をはじめ多くの名所に行ったが、金沢自然公園の山桜が風情があって一番好きかもしれない。


旧友に会う @金沢八景ととや

2017年1月14日

最近は、酒✖夜✖で付き合いもよろしくないので、あまりお呼びが掛かりませんが、高校の同級生がやっている店で高校の同級生から呼び出しがあったので急遽赴きました。高校の卒業式以来の旧友にも会い、39年前にフラッシュバックさせて貰い、在りし日日が昨日のことのように思い出され、ちょっと脳内が若返ったかもしれません。今年は、多くの旧友、知人と再会したいものです。





願わくば 満開の下 花観たし @東京

2016_0330花見1603300009

3月30日(水) 今春は桜の満開は早まりそうだったがちょっと足踏み。東京は、まだ5分咲きくらいか。東京で眼鏡のセミナーがあるので昨年入れなかった新宿御苑と上野公園に花見へ。

2016_0330花見1603300005

新宿御苑は、入場の際酒類を持ち込まないように荷物検査があった。酒とは完全に縁が切れているので難なくパス。健全な花見を楽しめる新宿御苑良いじゃないかと思うが、桜は7分咲き位か。初めて来たが、都会にこの空間なかなか良い。のんびりはできなかったが、千駄ヶ谷門から入り一周し花見を満喫した。

2016_0330花見1603300013


秋葉原で、セミナーを聴いて鴬谷から上野公園迄歩いてこちらでも花見を満喫。こちらはほぼ満開に近い。新宿も上野もかなりの人が花見に来ており、外国人がかなり目立った。上野は、まだ日が暮れないのに酒宴を開いているところがかなりあった。桜の花が、ぱっと咲き、春の到来を実感しうきうきし酒を飲んで騒ぐ気も分からないことはないが・・・。

2016_0330花見1603300014

やはり山の中、静かに山桜を愛で春の到来を喜びたい。







忘年会@中華街

2015忘年会


12月3日(木)眼鏡協会の忘年会。かなり久しぶりにビールを飲んだ。が、烏龍茶のほうが良い。飲むならば、美酒を賜りたし。



今年も行けず阿波踊り

2015阿波踊り

残念




スマホデビュー

スマホ

外出する機会はそんなに多くない故、スマホの購入に逡巡していたが、携帯・スマホに詳しいお客さんのアドバイスで、スマホデビューと相成った。
5月8日発売の新機種。本体¥10,800 アンドロイド5.0 5インチ画面 ROM/RAM 1G/8G SIMは、データ通信のみで毎月480円プラン。(SMS150円別途)。3GでWI-FIに繋がないと通信速度は遅いが、外で動画は見ないしスマホで音楽もき聴かないので問題ない。IP電話、LINE、Skypeも、使えるので通話もできる。

モバイルで毎月の通信費480円でネットがし放題。コスパは、高い。今まで待った甲斐はあった。スマホは、とてっも便利で役に立つ。既に日常の生活に欠かせないアイテムになった。お客さんのアドバイスがなければ、恐らくいまだスマホは持っていなかっただろう。

何事も先達はあらまほしきものなり

実は、上記は2台目。一台目は、3月にSIMカード付きで¥11,090の超格安品だったのですぐ飛びつき購入したが、購入一か月で画面にひびを入れ、マウスでないと操作できなくなってしまったのである。修理代より新品を買ったほうがだいぶリーズナブルだ。

リバプール 004

スマホは、経費がかかると思われている方、格安SIMはお薦めですね。





春の雨 旅立つ街は 美しき @金沢

2015.金沢 010

4月15日・16日連休に北陸の金沢へ。前に能登半島を周遊した時にちょっと立ち寄って以来二度目。朝、路線バスに乗ろうとするが東京顔負けの長蛇の列とバスの混雑ぶりにびっくりさせられた。

駅でレンタカーを借りる。Fun Cargo 24時間で免責補償付きで¥4,320の格安。

2015.金沢 001

先ず眼鏡技術研究会でお世話になっているオプトパルさんへ向かう。ピアノやギターもある、ゆったりとした店内でメガネの話や金沢の話を色々と伺う。誠実なお人柄と仕事ぶりがうかがえる。お土産に、小見さんおすすめの中田屋の「きんつば」を買う。バラで自分たち用にも買って食べる。上品な美味しさで後を引く。もう少し買っておけばよかった・・・。

町中を走行していると桜は、散り始めてはいるが、ところどころ花が咲いており、なんとも味わい深い風流な街並みとマッチしており美しい。いろいろな地方都市に行ったことはあるが、金沢は、ほかの地方都市よりも活気があるように感じられる。

山側環状道路を走る。近代的で、アメリカの郊外を彷彿させる。町中の歴史的な街並み、郊外の近代的な景観と風光明媚な景色、なんとも味わい深いものがある。環状道路沿いにあったイオンの中で「すがきや」を見つけ食す。

2015.金沢 002

翌朝、郊外の湯湧温泉にドライブへ。

2015.金沢 003

湯湧くなる 山ふところの 小春日に
        眼閉じ死なむと 君のいふなり    竹久夢二

総湯「白鷺の湯」も足湯も休みのため湯を味わえなかったのがちと残念だった。

2015.金沢 006

金沢市郊外の卯辰山で桜の花見を愉しむ。

2015.金沢 008
卯辰山から金沢市パノラマ。

私のいる金沢区は、鎌倉時代からの地名だそうですが、金沢市は、昔々のイモ掘り籐五郎の金のなる沢からの由来とか。前田利家の時は尾山と呼ばれていたそうですが。

次回は、ゆるりと街を散策したい。




春はまだ 上野の山の 塞翁馬

3月4日谷根千 006

3月4日(水) 文京区で問屋さんの展示会があり、出掛ける。午前中に商品を見、天気良かったので、谷根千を歩くことに。昼食は千駄木で摂り、根津へ。

3月4日谷根千 002   3月4日谷根千 001

以前見掛けた恐れ入谷の鬼子母神の行列の鯛焼き屋さんに。今回、感動の鯛焼きに出会えるであろうと30分以上行列に並び焼きたてをゲット。注文を受けてから焼くので時間がかかるので長蛇の行列ができるようだ。一個170円焼きたての鯛焼きを頬張る。表面がぱりぱりと小気味よく餡も美味かった。

3月4日谷根千 007   3月4日谷根千 005

谷中を通り、東京芸大の脇を通る。芸大は、歴史的風格のある荘厳な校舎で北京大学を彷彿させる。天気良く、暑いくらいの陽気で上野には人が大勢出ていた。
御徒町まで歩き、地下鉄に乗る。

東京1day切符なので、都営地下鉄と都営バスを駆使して、もう一つの目的地の表参道のインテリアショップに。たどり着いたが、臨時休業の張り紙で店に入れず、...。ホームページを見、場所も定休日もチェックしていたのだが。

「少しのことにも先達はあらましきことなり」(徒然草第52段)

今後は、電話でチェックも必須かな。





2015年元旦

DSCF1215.jpg

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。



八景島 シーパラダイス

2014_0528八景島0001
5月28日、先週のアド街ックの放送が金沢区で八景島が大きく取り上げられていたので、ふと買い物の途中、ちょっと寄ってみる。
前回来たのは、子供が、小学校の低学年くらいだったから10年以上前も昔のこと。バイクだと10分も掛からず近いのに3~4回くらいしか来たことがない。平日なのに放映の影響かお客さんも少なからずいてそれなりに賑わっていた。

前回、ブルーフォールに乗って絶叫した。これは、結構インパクトがあった。

2014_0528八景島0002

水族館の脇からイルカを眺める。意外と癒される。
海も山もある金沢区、中々良いではないか。


第18候 牡丹、華さく @龍華寺

2014_0503牡丹0002

金沢区に住んで40年以上が過ぎたが、牡丹の花で有名な真言宗の古刹龍華寺に初めてお参りに。

2014_0503牡丹0003

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。

別名国色天香、国が傾くほどの美しさ、香りが天を舞う。香りを嗅ぐのは忘れましたが。また百花王とか言うらしい。

金沢区の花は、牡丹だそうで、ゆるきゃらは、見たことはないが、ぼたんちゃんとか。

ぼたんちゃん

ちなみに区の木は山桜とか。初めて知りました。

2014_0503牡丹0001

藤の花も咲いていました。


見上げれば 桜花びら 春景色

2014_0402桜1404020001

4月2日(水)毎朝眺めている山が色づき始めた。ソメイヨシノも悪くはないが、凛とした山桜がよい。花見に、金沢自然公園を抜け大丸山を目指す。途中、桜が満開できれいなところもあったが、山の中や頂は、まだ蕾でちょっぴり残念。来週はもう散ってしまっているだろう。

2014_0402桜1404020017

2014_0402桜1404020015
大丸山パノラマ

天気良く、暖かく絶好の花見日和なので、桜の名所、小田原城に行く。花見の客で結構賑わっている。桜は、満開で春を感じる。

2014_0402桜1404020032

小田原城には、何回か来ているが、城の中に入るのは、おそらく初めてと思う。城に向かう途中、檻の中に動物がいて、そういえば、小学入学以前小田原の祖母と城址公園に来て動物を見たことがあった記憶が蘇る。

小田原評定の城に入る。城の中は、戦国時代・江戸時代の展示博物資料館になっている。初代、伊勢新九郎(早雲)は、ここに居城せず、北条も名乗ってなかたとか。

展望台から箱根・相模湾・湘南・丹沢の展望が素晴らしい。

2014_0402桜1404020028
小田原城パノラマ





春の雨 寒さに籠り 本を読む

img089.jpg

3月5日(水)朝から雨で寒いが、渋谷のヒカリエでメガネの展示会があるので仕入に出掛ける。会場を一回りし、フレームを仕入れ、早々に引き揚げる。本が読みたいのと、伊東で湯にでも浸かるかと湘南新宿ラインに乗る。本が面白かったので、あっという間に熱海に着くが、伊東線の連絡が悪い。熱海の駅で降りるも、雨はどしゃ降りで寒い。伊東にいく気力も、熱海で湯に浸かる気力も沸かず、熱海で帰ることに。どうも群馬の3名泉以外は、温泉に入るのはちょっと億劫になったようだ。まっ、本が面白く、列車で退屈もせず、読みたかった本を読み終えたことに満足した。




雪降らず 新車に乗って 春探そ @箱根湯本

2014_02212014箱根展示会0001

2月19日(水)・20日(木)連休。草津に行くつもりだったが、県眼鏡協会の総会・展示会の予定が入り変更。箱根に泊まるなら南伊豆まで足を延ばそうと考えていたが、15年乗っていた自動車が車検の見積り時に、かなり傷んでいることが発覚し、急遽自動車を変えることに。なんとか急いでもらって納車を2月18日にしてもらうも、天気予報は水・木と曇りのち雪で車の出動は危うい。しかし普段の行いが良いせいか、南岸低気圧が近づかず、雪の予報はなくなり当日は晴れ時々曇りで、車で箱根に向かうことができた。車の受取は、家内が行ったので、ぶつっけ本番で乗るも、15年前の車に乗っていたので、最新の車に結構戸惑うが、途中小田原で墓参りし正午に会場の湯本のホテルに無事辿り着く。

1時から3時まで会議、4時半まで別会場で商品の展示会。5時半から7時半まで小売店、問屋・メーカー交えての懇親会。
 酒は舐める程度に、温泉は、3回ほど浸かる。箱根湯本の温泉はph8.7弱アルカリ性。

翌日は、まぁまぁ天気良く南伊豆に春を探しに行けそうだ。湯本界隈は、雪もほとんど残っていないが、ホテルのスタッフは、芦ノ湖方面は、ノーマルタイヤでは止めたほうが良いとの事だが、熱海のほうから南伊豆に向かいたくはない。畑宿経由は厳しいだろうが、天下の国道1号なら大丈夫と向かうが、箱根峠でチェーン規制。

2014_02212014箱根展示会0002

「君子危うきに近寄らず」伊豆行は断念し、春にはほど遠い芦ノ湖でお茶を濁す。

2014_02212014箱根展示会0006

カーナビを駆使し、小田原のカインズとロピアで買い物をして帰ることに。





雪降りし 40年前 蘇る

Gordon Lightfoot

2月14日(金)大雪。2週連続で大雪になる。今回は、前回よりは少し積雪が少なかったようだが未曾有。大雪のお蔭で2年前草津用に買って置いたスノーシューズが大活躍だ。

先週の雪の時にネットで昔の洋楽を聴いてからそれに少々嵌ってしまった。
中学の時、ラジオで毎週欠かさず全米トップ40を聴いていた頃を思い出し、その頃好きだった70’sの曲を一所懸命思いだし聴いている。ルーベッツのシュガーベイビーラブ、ダイアナロスとマービンゲイのユーアーエブリシングを聴いていたら、ギルバートオサリバン、アルバートハモンド、スリーディグリーズにアメリカ、パイロットバリーマニロウなどなどを思い出す。
そして好きだったゴードンライトフット、ジョンデンバー、チャーリプライド。
今でも何枚かは、LPレコードは、所持しているが、再生はできないので聴く機会がない。大雪のお蔭で時間に余裕ができ1970年代の洋楽を愉しむ機会を得た。
70’s、今聴いても全く古くなく名曲が多いし、40年前の記憶やあの頃のピュアな気持ちが蘇り、脳を活性化してくれる良い刺激になる。たまに昔懐かしい音楽に触れるとアンチエイジングにもなるかもしれない。


暗闇に バージンスノー 未曾有なり

2014_02092月8日大雪0001

2月8日(土) 大雪の予報だったが、いつもよりちょっと多いくらいだろうと少々高をくくっていた。未明から降り初め、どんどん積もっていく、風は強いし、寒い。それでもネットで中学・高校の時によく聴いていた洋楽をBGMに悦に入りながら通常どうり営業した。夜7時に店を閉め家に帰る。雪は、降り続いており、風は強い。文庫駅もバスは運休し人もまばら、タクシー乗り場のみ行列していた。笹下釜利谷道路を歩いていると、突然暗闇に。信号も消え、コンビニも真っ暗。停電だ。あの震災を彷彿させる。

2014_02092月8日大雪0002   2014_02092月8日大雪0003

脇道に入ると、新雪のまま。階段も雪のスロープ。家に近づくと標高が高いせいか、雪の量が多い。公道も優に30cmは超えているバージンスノー。こんなことは、スキー場以外で経験したことはない。多少の雪は、しょっちゅう草津にいっているのであまり驚かないが、生活している場でのこれほどの大雪は、初めての経験だ。家に着くと、又停電。電気がないと風呂にも入れん。直ぐに復旧したが、現代の生活は、危機があると全く脆弱だ。

2014_02092月8日大雪0007   2014_02092月8日大雪0006


翌朝、見事に積もっている。数日は、雪に悩まされざるを得ないか。






新年明けましておめでとうございます

2014_01012014年初日の出0013

新しい年を迎えました。

2014_01012014年初日の出0006  2014_01012014年初日の出0008

2014_01012014年初日の出0010  2014_01012014年初日の出0011

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

2014_01012014年初日の出0016

新年は、1月4日(土)からの営業になります。






年忘れ 酔わずに食す 中華菜 @横浜中華街

2013_12052013紅葉0003

12月5日(木)夜7時から神奈川県眼鏡協会の忘年会。場所は、中華街の「愛と貧乏脱出作戦」にも出演した達人の店。放映直後にその料理を食べに駆けつけたことがあるが、ピンとこなかった思い出のある店だ。

さて、快食・快眠・快〇を是としている私が、飲酒が快眠を妨げることを悟ってから酒はあまり飲まないようにしている。10月のパーティーでも飲みすぎて辛かった思いをし、実際、酒自体美味いのかと自問自答しても別にそれほど美味いわけでもないと思う。また、酒が入ると、味覚が鈍り、料理はどうでもよくなってしまう。今回は、クエン酸の粉と自作のクエン酸ドリンクを持参し酔わない準備も万全に酔わずに食を愉しむことにする。

2013_12052013紅葉0002

ビール・ドラゴンウォーター・桂花陳酒を飲みつつ、途中クエン酸を補給する。料理は、コースで出てくるが、...。配膳は遅いし、味は、推して知るべし。ウーロン茶は、みたこともないペットボトル中味そのまま。飲み放題とはいっても、中華街でこのウーロン茶はないだろう。「細部に神は宿る」だぞ! 9時20分ごろお開きになるが、デザートが出てこず、そのまま帰る。あり得ない! これで、〇,000円のコースとは...。
中華街の客が減ったといつも行くお茶屋の店主が嘆いていたが、景気・風評のせいばかりではないだろう。

2013_12052013紅葉0001

美味しい中華料理は、鰻・寿司・ラーメンと同様、感動を呼ぶ。安心・安全の食材で直球勝負の美味い中華料理を食べたいものだ。

クエン酸が、功を奏し、日の出町の駅に着くころには、すっかり酔いが覚めた。
これは、良い。




秋去りぬ 心残りは くれない葉 @鎌倉

2013_12042013紅葉0028

2013年秋

2013_12042013紅葉0012   2013_12042013紅葉0015

今年は、草津白根山の紅葉を外し紅葉に目を癒していない。もう秋も終わりと思う12月4日の休日。そうだ、海臧寺に行こう!と思い立つ。車じゃ、めんどくさそうなので、バイクで行く。16歳で中型バイクの免許を取った頃、高校2年の時、よく伊豆箱根富士そして鎌倉にバイクで出かけていた。鎌倉にバイクで行くのは、おそらくその頃以来で車では味わえない懐かしさがあった。朝比奈峠の大きなカーブで転倒したことを思い出す。自宅から、十五分弱で八幡宮だ。余りの近さにびっくり。鎌倉は、道狭く、入り組んでいるし、坂も多く、バイクで回るのは良い。途中銀杏の葉も黄色く、鎌倉の街中紅葉がきれいだ。海臧寺の紅葉は、真っ赤で美しい。

2013_12042013紅葉0016   2013_12042013紅葉0024

高校の時によくいった銭洗い弁天にも立ち寄り、お金を浄めた。

2013_12042013紅葉0031   2013_12042013紅葉0030

こんなに近いなら暖かくなれば、バイクで鎌倉の寺社巡礼するかな。




楽天日本一おめでとう!

img083.jpg

プロ野球は、応援する球団がなくなったのでここ何年かは、盛り上がらず興味もなかったが、今年の日本シリーズは、マー君の神がかり的な活躍もあり第2戦・6戦・7戦は、テレビに釘づけになってしまった。

2戦のマー君の快投を観、6戦を迎える。6戦目でマー君が勝ち、日本一になり負け知らずのままアメリカへ行ってしまうのは、柔道の山下が負け知らずで引退してしまったようでどうにも容認できなかった。ファンの方には申し訳ないが、6戦で巨人がマー君の連勝を止め、7戦で楽天が勝ち日本一になれば良いと願って観戦した。結果、その通りになった。

7戦のマー君の登板は、2007年の日本シリーズ中日山井の降板が思い出され、余りにそれと対照的であり、どうかと思ったが、結果的に勝ち感動をより高めてくれた。今までリーグ優勝はしたが日本一になれず、北京オリンピックでも敗れた星野監督がやっとこさ日本一になり、そして東北にも元気をもたらしてくれた。

無敗といえば、山下とヒクソングレイシー他に宮本武蔵くらいしか思い浮かばない。千代の富士も貴乃花に負けて引退したし、ヒョードルも猪木もセームシュルトも家康も諸葛亮も負けたことはある。無敗は、伝説ではなく神の領域だと思う。負ける事もあるから、人間である。勝ち負けは兵家の常。負けて(失敗して)そこから頑張るところに人生の妙味がありより成長もできるのでは。

マー君の今後のより一層の飛躍に大いに期待したい。








月愛でる 風の気配は 夏去りぬ

130919_222653.jpg

9月18・19連休。草津に行くのを取りやめ寛ぐ。18日は、ホームセンターへ行く。品揃えの多さにびっくり。近くにないのが残念な店だ。途中、最近良く見かける讃岐うどん屋に寄るが、家で食べたほうが美味い。

19日は、中華街に烏龍茶を買いに行き、途中久しぶりに(3~4年ぶりか)紅葉坂の県立図書館に寄り、CDを借りる。

2013_0924夏の夜の夢0001

メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」。シェークスピアの戯曲をモチーフに17歳の時に創作したそうだ。
戯曲の良さは私には、さっぱりわからないが、メンデルスゾーンのこの音楽は良い。あの有名な結婚行進曲もこの劇音楽だ。

2013_0924夏の夜の夢0002

CDに入っている解説書。活字好きな私でも、目が飛びそうだ。実に読み辛い。でも、秘密兵器を使えば、

2013_0923ドラクマ0004  2013_0923ドラクマ0005

取り外し式跳ね上げ老眼鏡

2013_0923ドラクマ0003  2013_0923ドラクマ0002

細かいものを見るときや作業には、すごく楽。

2013_0923ドラクマ0001
楽に読める。

9月19日は、仲秋の名月。天気良く、空気も清澄で満月が煌めいていた。この夏も熱かったな。







雲が切れ 金環日食 現れる

日食

雲が切れ 金環日食 現れる
        確かに見たぞ 天空リング

2012年5月21日(月)午前7時半ごろ金環日食@横浜。朝、起きると、雲は薄いが雨。世紀の天体ショーも残念なことになりそう。日食メガネも用無しかと思っていたが、7時前から雨はやみ、時折薄日が射し、月に食われた太陽が雲の切れ間に垣間見ることができた。太陽が眩しく輝くこともあり、日食メガネも活躍。金環のリングもメガネを通し、雲を通しても、しっかり見ることができ、満足した。

日食といえば、ジョン・デンバーの名曲「Eclipse(日食)」を思い起こし、30年ぶりくらいに聴いてみた。
Eclipse (John Denver) (←クリック 日食の映像と音楽)

彼が81年来日した時コンサートを見に行ったことやグレイハウンドのバスでマンハッタンからフロリダへ旅した時のアメリカの光景が思い出され、リュックを背負ってコロラドに行きたくなった。

6月6日に太陽の前を金星が通るらしい。そのときに又、日食メガネは、活用できる。






薫風に スーパームーン 眺めつつ

スーパームーン

5月5日の晩は、満月で月と地球の距離が最短になるスーパームーン。風呂上りの夜風が心地よい。いつもの満月より大きく、明るく見えるような気もするが。

これから、月が欠けていき再び地球と月と太陽が一列に並ぶと日食になる。横浜だと天気に恵まれれば金環日食を見ることができる。
首都圏で金環日食が見れるのは173年に一度だそうだ。前回は江戸12代将軍家慶の治世で天保の改革の頃。高杉晋作が生まれた年。

ひとたび動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し。衆目駭然として、敢えて正視する者なし

晋作が奇兵隊を率い挙兵し日本の近代化への引き金になった快挙を思い、望月といえば西行そして東行にも思いを巡らす。

日食メガネ

金環日食は、それ以来の天体ショー。
くれぐれも太陽を直接見ないで、専用の日食メガネを掛けて見ましょう。




五月雨で ながれて悲し パレードよ

2012.5.3スタジアム

5月3日(木)定休日 雨のち曇り

 長年(30年以上)横浜にいて横浜パレード(国際仮装行列)は、見たことがなく、今年は定休日と重なったのでようやく観賞できると楽しみにしていた。が、大雨のため翌日に延期になってしまい、またの機会のお預けになってしまった。残念。

 友人より横浜スタジアムにプロ野球を観に行こうと誘われており、こちらのほうは、ときおり小雨が降ったりもしたが、見ることができた。

 私は、東京生まれだったので幼少のころより、ジャイアンツのファンであった。横浜に移り、高校時代友人と川崎球場に大洋ホエールズの試合を見に行き、ボコボコホームランを打ち合うダイナミックでアバウト(?)な大洋の野球、オレンジとグリーンの鮮烈な色のユニホーム、シピン・ボイヤー・平松など強烈な個性の選手などに魅了され、それ以来ホエールズのファンになってしまった。シピン・松原・平松・奥江・杉山・田代や鈴木尚・遠藤・佐々木・斉藤隆・ミャーン・ローズなどなどの個性の光る実力選手もいたので、弱いながらも、それなりに応援の甲斐はあった。1998年の日本一で応援のピークを迎えたが、その後段々と監督も選手もホエールズ時代のDNAは、影をひそめ、おまけに最近は余りに弱く開幕一ヶ月も経たぬうちにプロ野球の熱は冷めていた。

2012_0503ヤクルトVS横浜1


 そして、今年から、DeNAに。やくみつるではないが、「モバゲー」はやったこともないし、監督は、巨人OBのあのユニフォーム監督の下の助監督だった中畑氏である。開幕前から冷めていたし、今年も開幕から弱いし、選手すらよく知らない。そんな心境ではあったが、友人から誘いを受け、バックネット裏のブルーシートのグッドな席なので、楽しみにしていた。雨は時折降っていたが、ワインを飲みながら最後まで観戦でき良かった。とりあえずベイスターズも勝ち6連敗を止めた。
 今年は、プロ野球に熱くなることはないだろう。せめて平松あたりが監督になれば、ホエールズの面影も少しは残ったのになと思うのは私だけか。

2012_0503ヤクルトVS横浜2

 京急日の出町駅から伊勢崎町を抜けスタジアムまで歩く。偏光メガネを掛けていたので雨の中の様々な反射や雑光を遮ってくれて目がとても楽だった。試合観戦中もずっと偏光サングラスを掛けていた。雨に偏光サングラスは良い。今後も雨の日に外出するときは明るい偏光サングラスを掛けることにしよう。







寒空の 月食見ながら 赤ワイン

月食

12月10日 皆既月食

飲むならば 心静めて 満天の 
      宇宙を眺め 美酒のみ愉しむ

家 005

酔いが回って、熱い風呂に入り、すぐ寝る。これが良い。


涼しさに 夏の終わりを 想う朝

この夏の 心残りは 阿波踊り
     来年こそは 満を持したい

四国巡りもほぼ終えたとある夏の日、頭も焼けそうな炎天下の阿波池田の「へそっこ公園」で、ビール片手に阿波踊りでも見るかと。

舞台には、池田の有名連のY連。泡踊りに、阿呆踊りか・・・余り期待はしていなかったが。
暫し見ているうちに、衝撃を受ける。その女踊りの凛々しさ、妖艶さ、男踊りの躍動感。一糸乱れぬ秩序美。心に響く、鉦・太鼓・笛・・・。
 この美しさ、妖艶さ、奏でる楽器の心地よさに、熱さも吹っ飛び、大いに感動してしまった。それ以来、阿波踊りに魅了されてしまい、徳島市、高円寺、糀谷などにも見に行ったが、やはり阿波のが良い。この夏それを楽しめなかったのが大いに心残りである。

さて、祭りと言えば、「金沢まつり」。今年は、震災の影響で中止になってしまったけれども、明日9/24(土)「海の公園で横浜ビーチフェスタ’11」なる催しがあるそうな。花火ショーもあるようである。

横浜ビーチフェスタ(←クリック)

img046.jpg


img047.jpg

自慢じゃないが、金沢まつりの花火には、行ったことがない。2年前に逗子海岸の花火に行ったことがあるだけである。長岡か大曲のそれには、機会があれば行ってみたいとは思うが、YAPPA阿波踊りですな。



仲秋の 美月眺めつ 赤ワイン

ブログ 001

9月12日 陰暦8月15日の満月は、6年ぶりとか。天気も良かったので、しばし月見を愉しむ。

満月を 寝ながら眺め 秋風の
     心地よさにぞ 酔い痴れるか

満月

酒は、美を肴に飲むのが良い。美景・美観・美曲・美音・美香・美味・美菜・美感・美氣・・・その波動と同調し酔いが回って増幅し、美酒と成る。

葡萄美酒 月見杯
欲飲月亮 光燦々
酔臥屋上 君莫笑
秋風涼々 很舒服

1984年初めて中国に行った時、列車の中でよく流れていた「十五的月亮」を思い出した。
その曲を聴きながら、素朴なころの中国を懐かしむ。






ゴーヤ食べ 種を蒔いたら 芽がでたぞ

ゴーヤの芽


この夏も 実り多きを 願ひしに
    涼風のもと 美酒を愉しまん


 | ホーム |  page top