FC2ブログ

プロフィール

けろぱんだ

Author:けろぱんだ
喫茶「とぅんふぁん」で
お寛ぎ下さい。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ご来訪者数


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

研究会オリジナルフレーム「アナトミオ」入荷してます。

アナトミオ

○偏光サングラス研究会とスポーツメガネ研究会オリジナルフレーム第3弾「アナトミオ」が入荷いたしました。

アナトミオ横

☆リムのカーブは、6カーブあり、カーブの深い偏光レンズやサングラスレンズでも、レンズの歪みを最小限に抑えることができます。

☆サイズは56mm、鼻幅は15mmとやや狭く、天地は、36mmと広いので十分な視野を確保できます。

☆国産のチタンフレームで軽く、鼻当ても特殊力学パッドを採用しておりとても掛け易いです。

偏光サングラス研究会アナトミオ(←クリック)

○2月1日より、薄い色(ライトカラータイプ)6色の偏光遠近両用レンズが、発売となりました。
偏光度99%透過率41%~37%(色によって異なります)。待望の曇天や薄暗い所でも使える偏光遠近両用レンズの登場です。

偏光遠近両用レンズ

濃いグレー・ブラウンの偏光遠近両用レンズもあります。



雨の中の偏光サングラス to 御殿場 時之栖

偏光サングラス

この時節、心に想うことは、

   ねがはくは 花の下にて・・・
   酒飲まん そのまんかいの 天晴れのとき・・・

ということで、4月1日の休日を利用して花見に「御殿場 時之栖」に行きました。

天気予報は夜から雨のはずでしたが、箱根~御殿場は、大雨。現地の桜も三分咲き程度で、花見どころではありません。それでも、御殿場高原ビール”デュンケル”でのどを潤し入浴施設「気楽坊」でリラックス。先週は、強酸性硫黄泉漬けだったので、今回の炭酸泉、死海風呂、薬湯は、ちょと新鮮でした。富士山は見られなかったのですが、まぁ満足。

さて、今回は、曇天のドライブだったので、明るい偏光サングラス(偏光度98%透過率39%)を掛けて行きました。

曇天に、濃いサングラスはうっとうしいのですが、今回は全く暗さを感じず、時おり日が差しても、車体の反射や雑光も遮り、快適。箱根に入ると大雨になりましたが、雨の中でもまったくうっとうしくなく、逆に道路の水たまりの反射、周辺の反射、フロントガラスの反射をカットし、フロントガラスに付いた雨滴も気にならず、偏光サングラスを掛けたほうが、大分楽でした。

また国道138号線の乙女峠の乙女トンネル・・・、以前ここに、普通のサングラスで突入して、暗くて恐い思いをしたことがあるのですが、今回の偏光サングラスでは、装用のままでも支障ありません。 
このレンズは、夜間運転不適合なのですが、夜運転しても、少し暗くなる程度で大きな支障はありませんでした。

車中から雨の道路を見る  偏光レンズで雨の道路を見る

今回は、ハードコート仕様でしたが、現在はバージョンアップした、偏光度99%透過率41%(ハードマルチ)も有りますので、暗いところでも偏光サングラスをかけたいというかた(ドライブや釣り、天候の変わりやすい山などでのハイキングなど)、お薦めの逸品です。この明るい偏光サングラスは、日中のまぶしい光から薄暗い中での活動まで幅広く使える優れものです。又、室内でのパソコン作業でも、モニターの明るさを軽減してくれて目に優しい感じがします。

帰路は6時過ぎ、雨も止んだので黄色の色付きレンズで、運転。これまた、目は楽でした。長年眼鏡を掛けておりますが、サングラスを掛けているときほど、眼鏡を掛けていて良かったと思う事はありません。目は楽でストレス軽減、目と目元を紫外線から守ってくれます。サングラスを掛けていつまでも若々しい目でいたいものです。

今回使ったサングラス  偏光サングラスはいいなぁ・・・

「花の下にて、酒飲まん・・・」再度、挑戦します。
                   
(ぱんだ)


 | ホーム |  page top